メルマガ  登録
メールアドレス(必須)
名前

2008年12月29日

年賀状2

年賀状の宛名と住所を手書きしてるんですが

これはそうとう時間がかかりますね。

けどその一枚一枚を書いている間

その人のことを考えるので年賀状を出すという行為以上に得るものがあります。

エクセルですべて印刷だと

出したか出してないかもわからないと思う。



今回の年賀状はすべてのあて先を手書きしようと思っています。

けど、終わらないんですけど・・・


posted by りんご at 01:37 | Comment(0) | 塾とパズルと日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月28日

年賀状

今年はいつもよりはやめに年賀状の準備ができてます。

とは言っても、今なんですが。



では。
posted by りんご at 23:54 | Comment(0) | 塾とパズルと日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月27日

オレンジジュース・テスト2

たとえばファミレスに行って

特別な注文ってあんまり考えないものです。

裏メニュー的なことです。

だって全国だいたい同じ品質で

だいたい同じサービスを提供するところに価値がありますから。

つまり再現性が高いからどなたでも商売を始めやすいですよ、というわけです。



個人が始めた塾は、けれど、ファミレスとは違うでしょう。

自分がどう思っているかは別として

チラシを見たりして連絡される方にとっては

個人塾とわかってお電話いただくんじゃないでしょうか。

その場合、「うちの子は大手塾とか合わないだろうから」とか

「集団授業とかはこの子には向いてないわね」とか

考えられてお電話くださったりすると思うんです。


そんなことだからご要望っていうのもお持ちなんですね。

私がかつて塾をはじめた一番最初は

そりゃもう「ご要望」のかたまりというか

「ご要望」しかなかった感じです。

とにかくなんとかしてというのと

この子は学校の授業にはついていけてないのでとか。


あれらはすべてオレンジジュース・テストだったんですね。

神様からのオレンジジュース・テスト。



あのとき「いや、これはうちのやり方だから従ってもらわないと」

とか「それは無理です」とかばかり言っていたら仕事はなかったと思います。

だいたいのご要望に同一料金でお応えしていました。

ということは神様からのオレンジジュース・テストは不合格だったということになります。



そう、人間は生きてる限り毎日オレンジジュース・テストを受けています。

だからかつて不合格でも今日から合格すればいいんです。

特にこれからの新規募集のときに。

「すべて含まれてます」なんて料金はこの世には存在しない、と考えることにします。

なんの代償もなしに何かを得られるということはこの世には存在しない、ということを常に頭にいれて行動したい。

私がやることにはすべてコストが発生して

私がやってもらうことにもすべてコストが発生する

その基本的なことを忘れてはいけない。

目先のことにごまかされないようにしたい。





posted by りんご at 10:45 | Comment(1) | 塾とパズルと日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月25日

賛否両論ならやったほうがいい

何かを思いついて

よく同業者に電話して意見を聞いたりします。

地域が離れているので競合しないんですけどね。


それでけっこう賛否両論のアイデアとかってあるんですよ。

まあ、そういうアイデアって自分の中でも賛否両論なわけです。


怖いんでしょうね。

自分としては今までにないことをするとか

やったことないことをするっていうのは怖いんでしょう。


賛否両論になるっていうのはやってみないと結果が分からない

容易には予測できないことなんでしょう。

だったらやるしかない、って思おうとします。


すいません。

具体的じゃなくって。

posted by りんご at 23:55 | Comment(0) | 塾とパズルと日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『立体の筆算』の内容

1ヶ月かけて切断の筆算というのをつくりました。
内容を書こうと思っていたけど
こんなに遅れてしまいました。
私としては受験生へのクリスマスプレゼントです。


*まずはじめは点描写です。
A4に3問入っていてそれが20ページです。

点描写ひしがた.jpg

これは定規を使わずにフリーハンドでやってください。

*その次が方眼紙に対角線を書いて切れている方眼の数を数えます。
これでまず平面図形の切断です。5枚(見本なし)


*立方体の切断のきまりが6枚

切断決まり.jpg


*立方体の切断の断面図を書くプリントが15枚


切断14問題.jpg


答えもあります。

切断14.jpg



*最後は切断の筆算が10枚。プラス灘中学の問題が3枚です。

切断9問題.jpg

切断9答え.jpg


この段階で灘の問題は2枚まで楽にいけると思います。3枚目の問題が楽に解けるように、近いうちに完全版を作ります。


今回のゴールはこれ!

灘中切断.jpg


パズルマガジン12月号に入れました。
2月までは販売する予定です。

ご注文はこちらから
posted by りんご at 14:12 | Comment(0) | 塾とパズルと日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月24日

オレンジジュース・テスト

最近、冬期講習で忙しい〜〜〜とか言ってるけど

やっぱり細切れの時間で本とか読むんですが

もう最高に面白くって

『コンサルタントの秘密』G・M・ワインバーグの本なのですが

(翻訳が強烈ですけど、そんなの気にしません。よくぞ訳してくれた!)

オレンジジュース・テストというのがあります。


これはたとえばどこかのホテルに会場を頼むときに

朝7時から会議をやりたいんだけど、その朝食に搾りたてのオレンジジュースを出して欲しいんだ、というテストです。

それで人数は700名です、って告げる。

そのときホテル側は「それは無理です」と言ってもダメで

「わかりました」と安請け負いしてもダメという話です。


朝の7時に700人に搾りたてのジュースを出すとすれば

それなりの人数がそれなりに早く起きてこないといけません。

缶ジュースを出したりしてごまかしてもいけません。

それはすぐにバレるのです。

ですから通常の料金では無理なのが普通です。

どちらの答えもテストには不合格で

正しい答えは、それは可能ですが、料金は余計にかかりますよ

と告げることです。



もちろん私は塾の話として読んでいます。

お客さんが問い合わせでいろいろ質問されますが

そのときに自塾のメニューに合っていなかったら

無理して引き受けたらいけないし

詳しく話も聞かずに断るのもいけないんだと思います。



そのサービスをするには追加料金としていくらかかりますよ、

とはじめに告げることができればいいのです。

その料金が高すぎると思うようなお客さんなら

やはりご縁がなかったとあきらめるべきだと思うのです。


特別のことをするには特別の料金。

教育のことになるとなんでも無料のサービスになりがちだけど

無料のままで続けていると疲労してきますからね。




あたりまえのことなんですが

言い出しにくいところがあります。

けれど「これはオレンジジュース・テストなんだ」と思えば

正しい答えを言えるかもしれません。




では。



posted by りんご at 22:38 | Comment(1) | 塾とパズルと日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月23日

メルマガ

やっとメルマガかけました!
posted by りんご at 15:30 | Comment(0) | 塾とパズルと日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

やっぱり実感がわきました。

本を出すとかってなっても

実はそんなに感動しないだろうって思ってたんですが

やっぱり感動しますね。



今日、出版社よりとりあえず10冊送っていただきました。

PA0_0192.JPG












PA0_0193.JPG












PA0_0194.JPG










もうちょっとがんばって仕事します。



posted by りんご at 12:57 | Comment(0) | 塾とパズルと日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月22日

本のカバー(パズルCD-ROMプレゼント)

エール出版社カバー.jpg


アマゾンの方にはまだカバーの画像がないので
こちらでアップいたします。


『算数パズルで難関中学の入試問題がスラスラ解ける』




今ならネットで予約いただければ(たとえばアマゾン、楽天、セブン等)

出版記念パズル問題CD-ROM(1,500円相当)をプレゼントいたします。

注文確認メールを転送してください。
(下の画像の中にメールアドレスあります)

アマゾンですとこのメールです。

アマゾン予約2.jpg


CD-ROMの内容や発送についてはまたお知らせいたします。

よろしくお願いいたします。
posted by りんご at 15:07 | Comment(0) | 塾とパズルと日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

やっと出版

おかげさまでやっと出版することができました。

20代の頃は作家になりたいと思ってたけど
あの時は本当に本を出したいと思っていたんだろうか、って思います。

ただカッコつけでそういうことを言ってたのかもしれない。
だってあの頃はそんなこと言っても十分睡眠をとったりしていたんですから。

伝えたいものが本当にあったかどうか怪しいものです。


今回、エール出版社さんから出版のオファーをいただいて
それから半年以上たってしまいましたが
やっとアマゾンでの予約ができるようになりました。
実際に店頭に並ぶのは年があけてしばらくしないといけません。

『算数パズルで難関中学の入試問題がスラスラ解ける』

もしよろしければご予約ください。
ご予約いただければ、何か送らせていただきます。
どうするかは早急に考えて行動いたします。



とにかく年内にこのよなお知らせができてうれしく思います。


では。
posted by りんご at 11:36 | Comment(0) | 塾とパズルと日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月21日

雑記

ただいま、冬期講習中。




では。
posted by りんご at 11:37 | Comment(0) | 塾とパズルと日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月20日

雑記

シーサーブログが復活しましたが

アクセス解析がまだ動いてません。

これないと意味がないような気がします。

posted by りんご at 10:28 | Comment(0) | 塾とパズルと日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月17日

雑誌

塾の玄関に教育雑誌を並べているんですが

いまのところ4冊購読しています。

「エデュー」がいちばんいい気がします。

写真もいいし、読むところもあります。



けど好き嫌いは関係なく

しばらくこの4冊は買い続けようと思ってます。

理由は書きませんが

雑誌というのは結局「なにが流行っているのか」ということを知るために

必要なものじゃないかと思うんです。

読んでても「何をいまさら」みたいなのとか

「そりゃ、そう言うしかないわな」みたいなところが目につくのですが

さめた気持ちでこのまま読み続けようと思います。
posted by りんご at 20:43 | Comment(0) | 塾とパズルと日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

雑記

「継続は力なり」だな〜って思います。

毎月パズルをつくり販売してきたのですが

もうそれも2年半にもなります。

その数は自分でも驚くほどです。

これを一気につくれと言われても無理で

毎月泣きながらのた打ち回りながらやったりしていました。

それの積み重ねですから

自分ではノウハウも同時に積み重ねられていると感じます。


この時期塾は忙しいので

また時間を見つけて書きます。


では。
posted by りんご at 13:56 | Comment(0) | 塾とパズルと日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月16日

雑記

4月からのことを考えて

やっとわかってきました。

ありがとうございます。



では。
posted by りんご at 20:42 | Comment(0) | 塾とパズルと日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月15日

立体の筆算のご注文を開始いたします。

パズルマガジンの12月号ができました。

今回は年末特別号として

『立体の筆算』の特集になります。

立方体の切断が苦手な人にはこれを使ってぜひ得意になってもらいたいものです。

問題数も通常44問ですが

57問プラス6枚の解説ということになっています。

ご注文よろしくお願いいたします。


注文フォーム



類似品は今のところ存在しないとおもいます。

これから入試が始まりますがその前に立方体の切断の克服を考えておられる方には最適でしょう。

今回は特別号のため中高一貫対策マガジンとも同じ内容になっております。

よろしくお願いいたします。

注文フォーム



posted by りんご at 15:09 | Comment(1) | 塾とパズルと日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月14日

雑記

やっとクルマのタイヤをスタッドレスに換えることができました。

雪が多いという噂なのですが

逆に例年よりも暖かい気がします。

おそらく気のせいでしょう。

タイヤはちゃんと換えておかないと。



では。
posted by りんご at 15:13 | Comment(0) | 塾とパズルと日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月13日

情熱的に書かれた作品

中谷彰宏さんの本で

人は誰でも作家になれる

というのを机の上に置いています。
自宅の方の教室ですが。

そのなかでたびたび読み返すページがあります。
以下、引用。


「職業作家ではなく、他にも仕事もあるので、書きたいけれども、書く時間がないという人がいます。暇ができたら書きたいというのは、読者に対して、これほど失礼な話はありません。暇な人が書いた暇つぶしを、いったい誰が好き好んで読むでしょう。読む人も、暇ではありません。忙しいさなかに、あなたの書いたものを読むのです。戦争のように忙しいさなかで、夜も寝ないで、情熱的に書かれた作品だからこそ、読む人の心に訴える作品が書けるのです。優れた作品は、忙しい時にしか書けないのです。」(P46)


全くいいこと言います。
私は情熱的に書かれた問題集や赤本を作りたいと思っています。


だから毎日が「戦争のような」状態でいいんですね。



では。

posted by りんご at 11:29 | Comment(0) | 塾とパズルと日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年12月12日

英語を話すときの障害物 その1

もちろんいろいろあります。

私は今でも迷うというか理解しきれていないことがたくさんあるのですが

そういうのを思いつきで書いていきたいと思います。

克服してしまったものや理解してしまったものもありますがやっかいな記憶があるものとかを優先して書いていきます。

まず" that " を1番目にあげてみたいですね。



" that "がわからない、という話をあんまり聞かないのはどうしてだろう?って思います。

" that "って意味が分からないときがあるんです。

けど中1の1学期に習うものだから

「" that "がわからない」とは誰も言えないってことなのでしょうか?


たとえばなんかいろいろしゃべったりやったりしてその最後に

”That's it”って言うんです。

どういう意味でしょうか?


期待してたり信頼してたりしてたのにいいかげんあきれたとき

”That's it”って言うんです。

どういう意味でしょうか?


なにが" that" で何が" it" なんでしょうか?




まあ、いいんですけどね。


また書けたら書きます。(勘違いしてたらゴメン)






posted by りんご at 13:33 | Comment(0) | 塾とパズルと日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

『立体の筆算』その2

今日は44問すべて出来上がって

細かな手直しをしている段階です。

はじめ半分はパズルを入れようと思ったのですが

それだと効果が現れにくいと思ったので

思い切って40問すべて立体に関するものにしました。

これに考え方のページが6ページあって

天才プリントが4ページです。



中学1年の3学期にも使えます。

講師の研修の教材として使っていただく方法もあります。

個別指導の学生講師が本当に切断の断面図とかわかって指導しているかどうか怪しいと思っています。

なぜそう思うかと言いますと

世の中に出回っている教材で

立体の切断について充実しているものが少ないからです。

当然慣れていない人も多いと思います。

考え方をすべてステップごとにして

この考え方の順に指導すれば分かってもらえるように作りました。


切断を説明したり解説したりするときに

図が複雑なので板書したり紙に書いたりするのが非常に困難だと思います。

ですからこのプリントを使えば格段に楽に指導することができると思います。

感覚でわかっていても指導するのにはプロセスというものが大切になってきます。

そのプロセスを詳しく解説したものを私は今まで見たことがないので

それを自分で作ってみました。

ご興味のある方はパズルマガジン12月号をぜひご購入ください。

問題はCD-ROMかプリントアウト版いずれかお選びください。


こちらから予約ができます。
↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓
http://www.ringopuzzle.com/contact.html



では。
posted by りんご at 13:12 | Comment(0) | 塾とパズルと日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする