メルマガ  登録
メールアドレス(必須)
名前

2008年11月23日

英語ってどうやってしゃべる?っていうか使い方って知ってる?6

今日はテスト対策。


教科書の要点をDVDにして見てもらっている。


・agree with〜


という表現が教科書に出てきました。


この場合、この熟語で「〜に賛成する」と覚えるのはあんまり賢くない。


I agree with him.

と覚えてもらうのが一番使える。

よく使うのは

I agree with you.

です。これもぜひ覚えておきたい。

前からの続きなのですが

with のあとに3番目が来るよ、っていうことを強調したい。

you だと1番目か3番目かわからないときがあるから

him で覚えておく。

だから彼らに賛成って言うときは

they の3番目だからthemということにする。

I agree with them.

私のきわめて簡単な英会話入門です。

だいたいagree/disagreeは非常に大切な考え方です。

英語を話すというときはまず自分の立場を明確にしてからという原則がありますから。

もちろんぼやかして逃げる方法は英語だって日本語と同じようにいあるけど

まずははっきりさせるということが英語を話すということの始まりです。

誰が誰に何を言うのかということで代名詞とかって非常に大切です。

日本語だと「賛成!」って言えばすむけど

英語では「Agree!」って言っても

「誰が?誰に?」って十中八九聞かれる。

「お前それ話の流れからわかるだろう」っていうのは言葉として成り立たない。

それは単数と複数のときも同じだ。




まとめ

agree with だけで覚えたら使えないけど
I agree with him. で覚えたら1番目と3番目を入れ替えるだけなので使える。





posted by りんご at 11:59 | Comment(2) | 塾とパズルと日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。