メルマガ  登録
メールアドレス(必須)
名前

2008年10月15日

掃除の時間

私は本を読んで掃除をしなきゃ、とか思ってるわけじゃなく

最近は来客が多くて

掃除をするようになっただけなのですが

近所の小学校から掃除の時間の放送が聞こえてきて

「そうだ、時間を決めればいいんだな」って思いました。


それはいい考えだって思う。

毎日決まった時間に掃除をするって素晴らしいじゃないですか。


最近は朝早く塾にきて

窓をあけて換気をするってことを心がけてます。

秋ですから気持ちがいいですものね。


自宅の方の教室はなんとかしないと・・・

あっちも換気を頻繫にしないといけないと今朝言われた。

確かにそのとおり。

本校よりあっちの掃除がもっと必要。


すいません、独り言でした。




posted by りんご at 13:40 | Comment(0) | 塾とパズルと日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ブログを書くことでブロガーは成長するので

しばらく油断していたらすっかり常識的な生活を送っていることに気がついた。

しばらく家賃の支払いとか考えていたら常識的な言葉しか出ないようになっていた。



まったくどうかしていた。

誰に遠慮する必要は全くないのに

たとえば「文章の書き方」みたいなので

「文末はそろえましょう」のがあるじゃないですか?

あれって確かに課題作文とかならその通りだけど

ブログでしかも日記でそんなことを気にしていること自体おかしいと思ってます。

このまえ作家の方としゃべってて驚いた。

本は短期間で書き上げないといけない。

自分が成長しちゃうから文体が変化するからだ、

っていうことを聞いて驚いた。


ブログなんてそのエントリーを書き始めてから書き終わるまでに

発見があり成長してしまうでしょう?

日記だし記録だからそんな変化は変化としてそのまま記録すべきだって思ってます。

本だったら文体の統一は必要だけど

自分の日記にそこまで気を遣う暇はない。

人はどうか知らないけれど

私はこれは記録だから全く気を遣っていない。

とか前は考えていたのに

いつの間にかそんな些細なことを気にするようになっていたりして

文法とか考えたりしてほんと馬鹿みたい。

だってブログは仕事じゃないから

こんなことに神経使って本業がおろそかになったりしたら

本末転倒だから。

ブログを書くことでブロガーは成長するので

はじまりと終わりの文体が違っていても全然気にする必要はない。




ということで。




では。
posted by りんご at 10:16 | Comment(0) | 塾とパズルと日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。