メルマガ  登録
メールアドレス(必須)
名前

2008年10月03日

雑記

ずっとここ最近は考え事をしていました。

昨日今日とだんだんはっきりしてきました。

紙に書いて考えています。

頭の中だけだとうまくいきませんから。




以前から気になっていた言葉があるのですが

「勝つべくして勝つ」という言葉です。

小さい商売は勝つべくして勝たないとしんどい気がします。



勝つべくして勝つということが実際にはどういうことなのかということを

言葉で言えないとやっぱり勝てないと思います。



またちょっと考えます。



では。


posted by りんご at 17:26 | Comment(0) | 塾とパズルと日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

何もかもが現代アートのショウケースの中。

塾を開けるというのはパフォーマンスだと思う。

お店をオープンしたらどんな商売でも

撤退するまで毎日24時間ずっとずっとパフォーマンスが続く。



われわれは現代アートの作品のように

ガラス張りのショーケースに入れられて

その生活を24時間売り続けている。


われわれにとっては挨拶することも

玄関を掃除することも

窓ガラスを拭くことも

スリッパをそろえることも

授業をすることも

褒めることも

叱ることも

何もかもが現代アートのショウケースの中。



それだけでは飽き足らず

何を考えているかさえこうしてブログに書いたり

メルマガを出したり

チラシを折り込んでみたり

ホームページを作ってみたり

電話にでてみたり

出かけて行ったりするパフォーマー。



パフォーマーを否定的にとらえる人がいるかもしれないけれど

パフォーマンスという言葉のネガティブな部分は考えなくていい。

塾は生徒や保護者のためにやっているし

塾は自分や家族やスタッフの生活のためにやっている。



日本を変えるというような大それたことを考えたことなんてない。

posted by りんご at 11:28 | Comment(0) | 塾とパズルと日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。