メルマガ  登録
メールアドレス(必須)
名前

2008年08月11日

8月号

やっと8月号ができました。

今回は

・ハニカム計算迷路

・色紙重ねパズル

・不等号パズル

・不等号演算パズル

・数字のとおり道

・シャッフルパズル

・麻布中学2007年7

・天才プリント



プラス版の方は

・ハニカム計算迷路

・色紙重ねパズル

・不等号パズル

・不等号演算パズル

・完全シャッフルパズル

・海城中学2008年6

・天才プリント


となります。

不等号のパズルは演算の方も含めて最少のヒントしか書いていないので気分がいいです。

前回載せたときは簡単すぎましたから。

今回はやっとパズルっぽいです。


あとハニカム計算迷路が新作ですがもっとこれから難しくしていきたいです。



ひと区切りついたら論理パズルを扱いたいです。




購入も可能です。




posted by りんご at 19:58 | Comment(0) | 塾とパズルと日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

手紙を書くように

PCでメールをするようになり私は昔より連絡をするようになりました。

それまではどうしていたんでしょう。

一時期よく手紙を書きました。エアメールがほとんどでしたが。

日本国内なら通常は電話だったでしょうね。



手紙を書くように丁寧にメールを書こうと思ったりします。

手紙を書くように丁寧に毎日を過ごしたいと思います。

手紙を書くときはだいたい人は一人で

もっとじっくりと考えて生活したいですね。

それは無理なのかもしれないのですが

ひとりで落ち着いて考えて生活したいですね。



それでその手紙は誰に向けて書いているんでしょうか?

われわれは毎日明日の自分に対して手紙を書いているような気がします。

1ヶ月後の自分へ

3ヶ月後の自分へ

1年後の自分へ

5年後の自分へ



ブログだってそうだ。

いつだって未来の自分に対して手紙を書いているようなものです。

今日何を見て何を感じたのか。

そんなことから未来の自分との約束とか。



だからちゃんと書かないといけない。

ちゃんと生活しないといけない。

続けることが非常に大切で

ちゃんと書き続けることがすごく大切。



今日という日がひどく暑かったりしても

未来の自分にはそんなこと関係ない。

めんどうなことがあって心が落ち着いてなくても

未来の自分にはそんなこと関係ない。



未来の自分というのはやったことの積み重ね。

やらない選択をしてやることを決めて

そして積み重ねたものが未来の自分。




ということで、また。


posted by りんご at 14:22 | Comment(0) | 塾とパズルと日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

雑記

今日、明日は授業をいれなかったので

問題を作成します。




では。
posted by りんご at 09:48 | Comment(0) | 塾とパズルと日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月09日

8月号はもう少し

あとほんの少しで出来上がります。


本当は出来ているんですが

不等号のパズルが難易度低すぎで

その難易度を上げるために最小限のヒントにしているところです。

20問近くあるのでそれを作り直すのに苦労してます。

けど、そんなの楽勝でしょう。

この週末でOKです。


今回のはいままでと少し違います。

変化が見えます。


新作が3種類。

中入試の関連を入れたらもっとです。

自分でもがんばったと思います。


では。


posted by りんご at 20:30 | Comment(1) | 塾とパズルと日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月08日

ノスタルジー 2

保護者が塾に求めるものって

「きっちりしていること」「厳しさ」

「面倒見のよさ」等々・・・



私の塾がそれに応えられてるかどうかは別として

これっていうのは昔の「学校」だと思う。


もう今とは全然違ってしまった遠い記憶の中の「学校」が

人々が塾に求めるものかもしれない。


 
なんともまあ、短いエントリー。



では。
posted by りんご at 10:13 | Comment(0) | 塾とパズルと日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ノスタルジー

あんまり昔からノスタルジーに浸るのは好きじゃない。



けれど忙しかったりするとそんな気分になる。



そういえばタルコフスキーの『ノスタルジア』は全くよくわからない映画だった。


本を読むとすごく感心したけれど。



ふと、塾とはノスタルジーを売る商売かなって思うときがある。


posted by りんご at 01:55 | Comment(0) | 塾とパズルと日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月06日

感想文のコース

夏休みの一番楽しい授業は感想文の授業です。

もちろん個別指導ですが。


課題図書を用意してもらって

たいていの場合家で読んできてもらって

塾であれやこれやと話し合い

それで書いてもらって添削します。


私が書くわけじゃないので生徒のオリジナルです。

もちろんありがちな感想文にはしないので非常に面白い作文ができます。


ひとつの本について話し合うっていうところが大切です。

私がすることは本の内容と生徒さんの体験を結びつけることです。

その接点が感想文だと思います。

共通点をさがしてその本の影響を書きます。

本を読む前と読んだあとの自分の変化が感想文だと定義づけてやってます。


そう、感想文というのはそういうものだと決めているのです。

だって感想文を書けって言われても、何を書いていいかわからないって生徒が多いので。


人生を変えるほどの衝撃的な本じゃないかもしれないけど

ものの見方が少しでも変わればそれが接点だと思うので

そういうことが出来るのは今のところ感想文の授業だけです。

だから感想文の授業が一番好きですね。



では。

posted by りんご at 16:05 | Comment(0) | 塾とパズルと日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月05日

カードをシャッフルする

今日は海城中学のカードをシャッフルする問題について考えています。


8月号プラスに使えたらいいな〜と思っています。


また、書きます。


すいません。


posted by りんご at 20:01 | Comment(0) | 塾とパズルと日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月04日

モノクロの問題に色を塗る

今日は開成の問題をずっと考えていて

「ふしぎな色板パズル」というのをつくりました。

ああ、なんていい問題だろうってしみじみしました。

味わい深い問題です。



面積を色で表わし

重なりを差で表わします。



もともと色をつけて考えていたものを

入試問題というのはモノクロですから

色を省いて考えるとより抽象的になってしまいます。



私が考えたのはモノクロの問題に色を塗るということでした。

8月号は今の調子でいきますとすべて新作です。

今回のはかなりおススメです。



8月号は作っていて「いいな〜、この問題」って自分で思いますから。

追い込まれてから考え出した問題って純度が高いですね。

なんの純度かわからないのですが・・・


8月号はまた突き抜けた感があります。

まずは色紙を重ねるパズル。

そしてハニカムの計算迷路。

今日作ったふしぎな色板(開成中学)。

今現在机の上でトーナメントのパズルを作っています(東海大学付属浦安中学)。

明日は裏返しのカードの計算パズルを作ると思います(巣鴨中学)。



その後は「プラス」のほうの問題を作ります。

おそらくトランプの並び替えの問題(麻布中学)。

継子立ての問題(灘中学)。

この辺りまで予定してます。

変更になることもありますが・・・



ちょっと、ほんのちょっと光が見えてきました。

ここに道があったのかって気づくことも多いですが

それって毎日ずっと考え続けてないとなかなか見えませんよね。

何にしても毎日やっていき40日継続して

習慣化して数年やれば次のステージが見えてきますね。



サザンが出てくるまでの日本語の歌とその後の歌って明らかに違いますよね。

私が目指すのはあの変化です。



ではまた。




posted by りんご at 18:57 | Comment(1) | 塾とパズルと日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年08月01日

今から本を書きます。

誰の本だったか忘れましたが

人間というのはバックミラーを覗きながら車を運転しているようなものだって言ってましたね。

はっきり見えるのは過ぎ去っていく風景だけです。




そしてもうひとつ過去のほうが常に現在より余裕があるというものです。

小学生や中学生が夏休みの宿題が多いと嘆いたりしてますが大した量じゃないように感じます。

部活と勉強で疲れていると言いますが大したことじゃないように思えます。

独身の人が仕事が忙しく時間がないと言います結婚した者から見ればたいしたことないように見え

子供ができるとさらに余裕があるように見えます。

そして常に人間はもうちょっと余裕ができたら時間ができたらあれをしよう、って思うみたいです。

けど常に過去の方が余裕があるのです。

将来の方が時間の余裕はない。


私は本を書くことを先延ばしにしていました。

春の募集時期が終われば落ち着けるから、とか


中間テスト対策で大変だとか

期末テスト対策でてんやわんやだとか

夏講の準備が忙しいからとか

夏講だから忙しいとか

いったいいつ余裕ができるのでしょうか?



答えはいつまでたっても余裕なんてできないってことですよね。

本を書くのに最適なときは今ってことです。

今から書きます。



では。
posted by りんご at 20:47 | Comment(0) | 塾とパズルと日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

雑記

とうとう中3と小6の夏期講習がはじまってしまいました。


これからさらに時間がなくなる・・・


むかし、教材とか作ってなかったときはいったい何をしていたんだろう?


たしかに夜は早く寝ていたし


サッカーの試合とかもテレビで見てたかもしれない。


いまは仕事以外だとこどもと遊んでいます。


DVDをいっしょに見たりします。(車の中が多い)


ドラえもんが多いけど『のび太の太陽王伝説』は泣けましたね。




今年の反省がいまからあるけど


来年は読書感想文のコースをもっと宣伝したいと思います。


すごく好評でした。まだこれからの子もいるけど


これからの申込みはもうないと思いますので。


こんなに面白いならもっとたくさんのことやればよかったです。



では。

posted by りんご at 12:59 | Comment(0) | 塾とパズルと日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。