メルマガ  登録
メールアドレス(必須)
名前

2008年07月22日

特徴のない塾、強みのない塾2

少しでも特徴のある塾にしたいと思っています。

大手は強いし、中堅の塾も強い。

自分が入り込む隙なんかあるのか考えました。



特徴というのは相対的なもので誰かを見習ったりするものじゃないと思います。

私は昨年のはじめは高校生のくる塾にしようと思っていたのですが

夏前に考え直して小中学生のみの塾にすることにしました。

近くにはあまりにも大きな高校生向けの塾がいくつかありますから。



特徴というのは付け加えるからできていくものというより

引いていって作られていくものじゃないでしょうか。

それともはじめからこれはしないって決めたり。


ブログをはじめた頃は社会人にも英会話教えたり

小さい子の英会話、パソコンスクールとか

今となってはよくやるな〜という感じでした。


お恥ずかしい話し、イタリア語を週1で教えてましたから。

私自身もそんなにできませんよっていう前提で文法を教えてました。

今なら絶対にやりません。



もしかしたらあの時はイタリア語もやってる塾ということで

他の塾とは違うって思ってたのかもしれません。

今から思うと見当違いもはなはだしいです。

なんの特徴もない塾ですよね。

人と違うところを強調するのが特徴だと思ってましたから。

本当は人より強いところが特徴なんですよね。



その特徴を活かすためや

よりエネルギーを集中させるために余計なことはしないのが一番ですよね。



何かをしない選択はけっこう勇気が必要だったりしますね。



では。


posted by りんご at 20:22 | Comment(1) | 塾とパズルと日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

特徴のない塾、強みのない塾

そういえば私は今塾をやっていますが

はたして自分は塾しかできないかと勝手に自分自身に問えば

そんなことはないと思う、と答えます。

けど塾が好きなので塾をやってます、というのが本音です。

それに塾以外の仕事を今はやる気はないですね。

塾に関することが大好きですから。



なんでこんなことを書いてるかというと

この10年くらいで町の写真屋さんというものは変わったなって思ったからです。

もうすごい変化でしたね。

12年くらい前にAPSというものが出て

観月ありさがCMで「ラクチンポン!」とか言ってた記憶があります。

ああ、写真って変わるのかなって思ってたら

デジカメが急に出てきて

パソコンのプリンターで印刷できますみたいになって

ケイタイがカメラ付きが常識になって

もう昔ながらのフィルムだして現像・プリントっていう流れがほとんどなくなって

スーパーにもスピードプリントみたいな店がどこでもあったのに

もう全然見かけないようになって

まあ、大変な変化でしたよね。

(私は身内がそうなので)



結局、何も特徴がなかったところとか強みのなかったところはなくなってしまって

だって仕事自体がありませんからね

写真屋さんのなかで残っているのは

写真を撮るという技術ですよね。

撮影というのはなくならないと思います。

全然素人とは違いますからね。



撮影がメインだったところは残っているとしたら

塾に置き換えてみたらいったいなんでしょうね?



たった10年ですよ。

恐ろしい変化ですよね。



特徴のない塾、強みのない塾ってどういったものでしょうね。





(つづく、かも・・・)
posted by りんご at 00:16 | Comment(0) | 塾とパズルと日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。