メルマガ  登録
メールアドレス(必須)
名前

2008年07月10日

「人生は、ゲームセンターのレーシングゲームみたいなもの」

だんだん暑くなってきて

気づいたらもう夏のような感じだ。

いままで何をやっていたのかというと

講習会向けのパズルパッケージを作ってました。

7月10日までに発送します、と言ってましたので

今日の午後8時前に郵便局のエクスパックで発送いたしました。

ほんとにやれやれです。


けれど今度はまた7月号。

そして7月号プラス。

それが終われば夏休み講習会。

先日から随時保護者面談。

毎日地域限定メルマガを書いてますがやっと今日で40日目になりました。

一日も休まずにメルマガを出せたことが非常にうれしいです。

それに保護者の方の反応もありますから、さらにうれしいです。


そしてこの夏は本も完成させるので

いったいどうやって乗り切りましょう。

ウナギも牛肉も大変なことになってますから。



それでも細切れに本なんか読んだりしてます。

ニュースでなんどもドキリとしましたが同姓同名の中谷彰宏さんの本を思わず手に取りました。

「人生は、ゲームセンターのレーシングゲームみたいなもの」


おお、なんだろうって読んでみると


「ゲームセンターのレーシングゲームで、

 制限速度を守って安全運転している人もいません。

 人生はカーブの連続です。

 カーブが続いている間は、

 あなたにレースに勝つチャンスは残されています。

 カーブが少なくなってきたら、

 ゲームオーバーが近づいています。」



直線コースを安全に運転してもゲームとしては何にも面白くありません。

まあ、人生はゲームか?ってことなのですが

人生だって安全運転だけではやっていけない。

だいたい毎月毎月さいてい1回くらいは危ない感じだ。



今が一番おもしろいときだ。








posted by りんご at 23:11 | Comment(0) | 塾とパズルと日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「面倒なことをかわりにやってもらう所」

そんなに件数は多くないのですが(希望者制のため)

面談を毎日させていただいてます。


それで今年の夏のチラシの裏面は夏休みの計画表でした。

しかも何も書いていない計画表。

そこに書き込んでいってもらいたいなと思ったんです。


けどよく考えてみると一般の方にはそれでいいのですが

自塾生にだとそれでは不親切だなって思いました。

(面談させていただいてるときに気づきました)

こちらが簡単な計画を立てようって。

たとえば中1なら毎日1こずつ英単語のテストをするにしても

「お母さん、やってくださいね」では何をしていいかわかりません。

だからもうその計画表にあらかじめ書いておけばいいんですね。

一日1個の単語を。



「いつも塾は利便性を求められている」という仮説で昨日から考えるようにしていますので

こういうことを思いつきました。

自分でやるから伸びる、とか意味がある、っていうことはわかるのですが

塾というものの意味を考えていると

私なりの答えは「面倒なことをかわりにやってもらう所」です。

だから私が面倒がってお母さんに丸投げしていてはいけないんですね。





では。
posted by りんご at 11:51 | Comment(0) | 塾とパズルと日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。