メルマガ  登録
メールアドレス(必須)
名前

2008年07月09日

「箱から出したらすぐ使える」

パズルパックの変更を今思いつきました。

これはかなり驚きました。



今まではというか、つい先ほどまでは

150問の問題をCD−ROMに入れ

そのすべてをプリントアウトして

DVDといっしょに送る準備を進めていました。



けれど、使う人の立場にたって考えたらそれがベストかってことを考えたら

答えはNo!で

使う人がもっとも望むことは

利便性だと思うんです。


だから全問題をプリントアウトするんじゃなくて

1回の授業で使う分をプリントアウトします。

データも同じように1回の授業で使う分を

PDFで結合して印刷を押せば一回分が出てくるようにします。


それを4回セットつくります。

なんてことだ。

どうして今までこんなことに気付かなかったんだろう?


これって塾でも同じかもしれません。

保護者が望んでおられることを全く考えずに

こちらの都合で進めているかもしれません。


結局は、われわれは「手間を省きたい」んですよね。

そこにつきますよね。


「箱から出したらすぐ使える」

これですね。

これに気づいたのは非常に大きいですね。



では。


posted by りんご at 10:17 | Comment(0) | 塾とパズルと日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。