メルマガ  登録
メールアドレス(必須)
名前

2007年11月21日

京都の町屋の喫茶店

塾をはじめた頃

何も知らなかったので

たまに来る塾教材会社の営業の方や 

販売店の営業の方からいただく情報がすごくありがたいものだった。

何でも素直に聞いたものだった。

それに私は教材を値切ったり一切しないので(いい悪いは別として)

いつも言い値(定価)で買っていた。

今でも勝手に値引きしてくださるのに任せている。



値切ることが悪いなんてひとつも思わないのですよ。

他の事では値段交渉はします。

ただ塾教材だけはなぜかできないんです。



それで自分がパズルを売るようになってなおさら

値切ることが出来なくなった。



昔営業をしていた時に

毎日見積して毎日値切られて毎日値切っていたからかもしれない。



嫌いじゃないんだけど

そういうのもけっこう好きなのかもしれないんだけど

いや、やっぱり好きじゃないのかな。



あ、そういう話ではなくて

塾をはじめたときにはじめて来て下さった営業の方が

会社を辞められたって今日聞いて驚いたんです。



教材会社の営業の方で

全然営業らしくなくてそこがすごく好きでした。



その方は独立されて町屋で喫茶店を始められたそうだ。

もう絶対に行きたい。

やっぱり自分が多少なりにも塾を続けられたのは

その方のおかげだと思っています。



いろんな方にお世話になったけど

そのうちのひとりですから。



これから京都に行ったら必ずよる店にします。




posted by りんご at 16:33 | Comment(0) | 塾とパズルと日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。