メルマガ  登録
メールアドレス(必須)
名前

2007年09月27日

塾の成長をさまたげるありがちな言い訳(6)



「チラシ打っても問い合わせ来ないでしょ」



私の中ではチラシというのは不特定多数の方へのラブレターみたいなものですから

問い合わせがくるとすごくうれしい。

たとえ反応がなくっても、新規生がはいらなくても

生徒のお母さんが「先生、入ってましたね」って言ってくださるだけで

すごくうれしくなる。

(あ、今回のももちろん反応ありました)



まあ、むちゃくちゃなことを書くんですが

チラシって自費出版みたいなものですよね。

自費出版の1枚の本です。

部数は5000とか、2万とか

季節によって変えたりして、

もっと多い時もあるのかな。

大手とかすごい枚数入れてるけど

あれは自費出版の本って感じしませんね。



そもそも「チラシ」って考えてませんから。

お金かけて伝えたいことを書いているんですよね。

それで伝えたいことって「生徒募集中」じゃなくて、

(そんなの伝えてどうする)

伝えたいことは「未来」です。



私のような零細の塾が実績を誇れますか?

そんな過去を比べてもダメなので

「未来」を伝えています。



「マニフェスト」ですよね。

塾を大きくしたいならチラシを出そうと思います。

誇れるものがないのなら地域に約束するだけです。

今後3年間で自分がやると決めていることを。



「今なら入会金無料!」じゃなくて

決意や思いを語れば響いて下さる方がおられます。



ブログなら無料なんでけっこう好き勝手書けますが

わざわざお金と時間をかけて「宣言」するっていうのは

これはなかなか勇気が必要で

生きることが楽しくなりますね。






  


posted by りんご at 22:46 | Comment(3) | 塾とパズルと日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。