メルマガ  登録
メールアドレス(必須)
名前

2007年07月20日

お母さんは必死で塾を探している

競争だ。


毎年、新しい塾が出来ては消えていく。

塾を始めたいという人もたくさんいる。

独立すると決めてがんばっておられる方もいる。



私は自分のことを「教育者」とはあまり考えない。

私は成績の上がる塾が作りたい。

そして強い塾にしたいと思う。

理想の姿はあるけどいちいちブログでは書かない。



パズルも作っている。

現在理由があって販売は休止している。

以前はネットで売ろうと思った。

しかしこのやり方はなじまないと思った。

休止している理由はまたいちいちブログには書かない。



ニュースサイトも書いている。

ほぼ毎日更新しているが、このブログよりもはるかに少ないアクセス数で

ほとんど読んでくださる人数というのは決まっていて

非常に狭い範囲のニュースを毎日更新している。

ブログはやめてもニュースサイトだけは続けたいくらいだ。

ニュースサイトを更新する魅力は上手く表現できないが

やってみればその楽しさがわかると思う。

始めたばかりの頃は批判も多かったけれど

現在は他のニュースサイトの「情報元」としてとりあげられることも多くなり

スタイルも徐々に決まってきて安定してきたと思う。



毎日、多くの塾ブログを読んでいて思うのは

ブログを書いていない塾の果てしない多さだ。

日本には数万の学習塾があり

私の住むところにも大小さまざまな塾がある。

多すぎると言われているが

お母さんからもれる言葉は

「どこかにいい塾ないかしら?」というものだ。



決して多すぎて選べないんじゃない。

いい塾がやはり少ないんだと思う。

成績の上がるいい塾と保護者から思われたい。



必死に塾を探している保護者から

支持されるような塾をつくりたい。

「教育者」としてそう思うんじゃないと思う。

「経営者」としてそう思う。








他にも書きたいことはいろいろあるけれど

また機会があれば書きたい。


posted by りんご at 22:10 | Comment(0) | 塾とパズルと日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。