メルマガ  登録
メールアドレス(必須)
名前

2007年06月09日

6月パズルについて(一見さんお断りの御茶屋方式の販売方法)

今回は「段差迷路」というものをメインにしました、

私はこれを見ていると広がりとか可能性を感じます。

数字を高さで見る、ということです。

似たもので「ビルディングパズル」というのがあるけど

決定的に違うのはパズルと迷路の違いです。

そしてパズルというものは案外応用ができません。

それに比べて迷路というのは恐るべき広がりを持つ。

物理的にもいえることで

巨大なパズルは難易度が思いっきり高くなるが

巨大な迷路は難易度を上げずに作ることが出来ます。

おっと、こんな話はいいですね。



次は「切手ならべ」というパズルなのですが

ちょっと難しいかもしれません。

はじめに切手というのは10円、50円、80円切手であるということを説明してください。

中級はそれに100円切手も加えてください。

手が出ない場合はヒントとしてまマスに金額をひとつずつ書き加えてください。



「倍数つなぎ」はさわりだけですね、今回は。

「数字つなぎ」からどのように広がっていくのかをぜひ楽しみにしてください。

これは一種の迷路です。

かけざんというのは迷路で勉強できるんだってことをこれから示しますね。



「ハニカムパズル」は4月号の続きです。



天才プリント右側ですが今回は「反対語つなぎ」です。

「ナンバーリンク」と同じルールですが

はじめての方も答えを見ていただければ理解できると思います。

答えは色分けしていますが

実際にやるときは鉛筆での単線になります。

電気回路のようなものです。




今回は31枚です。

初級になんで倍数が出てくるんだ?って思われるかもしれませんが

かけ算というのはたし算の積み重ねですから

十分解けると思います。




一見さんお断りの御茶屋方式の販売方法をとることにしまして

精神的に強烈に楽になりました。



それではこれからもよろしくお願いします。







posted by りんご at 14:41 | Comment(0) | 塾とパズルと日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月08日

新規の購読者の募集は休止します。

だいぶんパズルマガジンの発行が遅れてしまいました。

今日発送いたします。

関係者の方、定期購読の皆さん、申し訳ございませんでした。



それで急な話で申し訳ございませんが、

これからパズルマガジンは現在の定期購読者の方にのみ販売することになりました。(今までと何ひとつかわりません)

新規の受付はせず、よく知っている方の紹介があった場合のみとさせていただきます。(それと新規の場合、値段も変更いたします。)




ですからブログ上やその他で宣伝することも少なくなると思います。



今は売ることにあまり興味がありません。

新しいパズルを作りたいのです。



実は今スタッフと算数のパズルを作っていて思うのですが

これって歴史的瞬間に立ち会ってるな、って大袈裟に思うんです。

ほんとに大袈裟なのですが

自分としてはそんな気分。



毎週新たなパズルが出来上がる。

しかも視点はパズル愛好家の方とは違ったものです。



私はパズル算数教室を日本中に作りたいって思っているんですが

今までのやり方じゃないってことを思いました。

別のやり方を選択することにしました。



とりあえずそれまでは私の知っている方にしか販売しないことにします。

勝手申しましてすいません。




では。

posted by りんご at 17:48 | Comment(0) | 塾とパズルと日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

教材展示会に行ってきました。

教材展示会に行ってきました。

カラーの教材を見つけてすごくうれしかったです。

営業の方に「これはすごいわ〜。

他とあたまひとつ抜けてますよね〜。

いや、すごすぎ」

とかって言ってたんですが

うっとうしがられてたかも。

私は自分の都合にピッタリだから過剰に反応したのですが

その理由は言ってませんでしたから。





それと教材販売会社の主任の方が教えてくださったのですが

オリジナルテキストを出しておられる会社の話がためになった。

年齢はそんなに変らないそうですが

私よりもずっと塾のキャリアは長いみたいで

がんばっておられるとのこと。



はじまりはどこも小さくやっているんだなって思った。

やるべきことがまた少し見えてきた。



今は教材を外へ出す時じゃないなって。

もっと純度を高めたい。

ミクシーみたいに閉じた中で

周りを気にせずどんどんやっていきたい。




教材販売店にとって教材展示会は重要な場所だ。

売りつけるというよりも人間関係を作っていく場所だ。

今回、教材を作っている側の話が少し聞けて

私にはとてもプラスになった。




われわれは自分の仕事をしながら

時々全く儲けにならない話をするときがある。

それはしゃべってる相手により良くなってもらおうという気持ちからだ。



私は教材を選びに行ったんだけど

全く別のものを発見して帰った。




posted by りんご at 00:00 | Comment(0) | 塾とパズルと日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月05日

更新のないブログは放置された自転車のよう。

塾ブログを専門にニュースサイトをやっているのですが

更新されないままのブログに出会うと寂しくなる。

1,2回しか更新されてなくて放置されてると

「まあ、しかたないか」って思うけど

そこそこお気に入りとかあって

コメントでの交流があったりすると

盗まれて乗り捨てられた自転車を見つけたような気分になる。



もともとブログを更新するというのは

真っ暗闇のなかで自転車をこいでいるようなもので

自分が向かっている方向も確かでないし

ひとりでこいでるとすごく不安になる。


そんなときコメントは夜道を照らす電灯のよう。

かすかな明かりを目印に進んでいける。

けれどこんなイメージは田舎に住む私のもので

都会に住んでる人は夜道も明るいのかもしれない。


6月のやわらかい風が草木をゆらす。

気持ちよく散歩ができる季節だ。

草むらの中からハンドルが突き出てることがある。


盗まれて放置された自転車は

ただただ私を寂しい気持ちにさせる。
posted by りんご at 17:37 | Comment(0) | 塾とパズルと日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

テストのたびに自信を身に付けていく

中間テストもちょっとずつ返ってきてるのですが

やっぱり結果が残せてるんです。


私はああいう子たちと一緒にこれからも塾をやっていこうと思ってます。

テストのたびに自信を身に付けていくのを見ると

この仕事をやっていて本当によかったと思います。


ありがたいです。

posted by りんご at 03:48 | Comment(0) | 塾とパズルと日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年06月01日

「ブログの思い出」1


ブログランカーの先生が楽天からジュゲムに移動してしまったせいか、テーマ「塾の先生」も最近はなんだか元気がない感じがする。
トップランカーの先生も、しばらくの停止宣言だ。
けっして塾業界じたいが元気がないわけじゃない。
ブログ界も転換の時期なのかも知れない。


という記事を読んで

「ブログの思い出」というタイトルが浮かんだ。


いつの日か、ブログをやめて

(ネットを見なくなるってことはないだろうけど)

ブログを書いていた先生方を懐かしむ日がくるのだろうかって。


2年前にブログをはじめた頃はものめずらしく

コメント書きにいったりTBしたり

毎日やっていてリンクはってもらったり

楽天だとお気に入りにいれてもらったり

そういうことに一喜一憂していたころがあった。

確かにそれすらも「ブログの思い出」だけど。


そうして塾ブロガーっていうのをやめようと思って

塾のニュースサイトをはじめて

自らを「ニュースサイター」と名乗るようになり

多くの塾ブログから言及されることも

リンクをはられることも少なくなって

たまに落ち込むこともあるけど

まあいいやって思っています。



2年しか書いてませんが

やはり全体の波みたいなものはあると思う。

同じ頃はじめられた塾の先生も書いておられない方は多いです。

私の印象で塾ブログがいちばん盛り上がっていたのは

2005年の秋ぐらいかなって思います。

スーパーサンボー先生が楽天で毎日書かれていて

コメントがすごくて

みかみ先生やkamiesu先生、猫ギター先生や超〜塾長が驚くべき記事を

ジャンジャン量産されていて

ヒサオ先生のブログがあの頃ほんとに面白くて

眠先生が塾小説を連載されてて胃が痛いくらいハラハラして

オービッツ先生やこだま先生や風マジック先生やサカイ先生がライブドアで

毎日毎日ブログ読むのが楽しみでしかたなかった。











posted by りんご at 17:04 | Comment(0) | 塾とパズルと日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。