メルマガ  登録
メールアドレス(必須)
名前

2007年05月20日

リレーのバトンタッチみたいなもの

テスト前だからけっこう気合を入れていたら

まだ2週間前だということを忘れていた。

国語の読書の教室の教材発注も

「間に合わない!」って必死にメールしたけど

まだ余裕で1週間あった。

パズルのほうも「時間がないから、急ごう!」とか言ってたけど

どうも4日ぐらい欠落している。


スピードが上がっている証拠だと思う。


今日も3組の親子が見えたけど

とにかく早く結果を出したくて

これからテストまで詰めて来てもらうように頼んだ。

あ、もちろん入会しますか?なんて話は一切しません。

っていうか、時間ないし

どうすれば次のテストでいい結果を出して

それをきっかけにして全体を上げることができるか

そのことばかりに集中してますから

「もしも入られるなら」とか言わないし

「じっくり家で相談してから考えます」とか聞いてる余裕はない。


リレーのバトンタッチみたいなものだ。

バトンを受け取るまえから

次の走者はスタートを切っている。

渡そうか渡すまいか迷いがあったら

バトンは受け取ることが出来ない。



今日の感想を書いてもらったら重要なことに気付いてもらっていた。

もうあとは時間をかけるだけだ。

それで必ず成績は伸びる。


もう私はバトンを受け取ったし

思い切り走っている。


たまにがんばりすぎて

一周はやく走っていることを忘れてしまうんだろう。



posted by りんご at 00:21 | Comment(0) | 塾とパズルと日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。