メルマガ  登録
メールアドレス(必須)
名前

2007年03月22日

「なりふりかまわず」っていうのは「下品」っていうんじゃなくて、個人塾の場合、「一生懸命だ」とか「熱心だ」っていうふうにうつるんじゃないだろうか?

こんにちは。


重要な事実に気づきました。


それはこの3ヶ月間、新聞の折込を見ていたのですが


塾のチラシのほとんどが大手のだったんです。


個人塾のチラシがほとんど入っていなかった。


入っていたところは(うちよりも)生徒を集めている塾だった。


そりゃ、生徒は大手に集まるわね。


だって告知してないんですから。


昨年の夏前にすごくふざけたチラシを出したのです。


(私はふざけてませんでしたよ)


A4片面で「いっしょに勉強しませんか?」と


塾の所在地と電話番号くらいしか書いてないチラシです。


それでけっこう無料体験に来ていただいて


入会していただきました。


確かにチラシの内容は重要だと思うけど


それ以前に「折り込む」ってことが大切なんだと思う。


大手は毎回同じチラシを「これでもか!」っていうくらいに入れてきます。


そしてそれは正しいんだと思う。


大手のチラシから学ぶもののひとつはあの「執拗さ」だ。


上品に仕事をする必要はないと思う。


本来上品に仕事をするのはひとり勝ちしている会社じゃないだろうか?


シェアも伝統もブランドもNo.1の企業がやることじゃないだろうか?


いや、それすら当たってないかもしれない。


大手がなりふりかまわずやっているのに


そんなのに上品に対応していては


そりゃあ、負けて当然ですよね。


それは同じ土俵にいるとかいないとか関係なく。


「なりふりかまわず」っていうのは「下品」っていうんじゃなくて


個人塾の場合、「一生懸命だ」とか「熱心だ」っていうふうにうつるんじゃないだろうか?



また書きます。



では。


posted by りんご at 09:55 | 塾とパズルと日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。