メルマガ  登録
メールアドレス(必須)
名前

2007年01月09日

この4月までの2ヵ月半に何をしたかが一年の8割の実績を決める

もう、本当に早くしないとチラシが間に合わない。


さて、どうしたものか。


チラシ以外も早くしないと間に合わない。


起きて仕事をするだけだ。



この4月までの2ヵ月半に何をしたかが


一年の8割の実績を決めるような気がしてならない。



時機を逃していいことなんかひとつもない。


冬は私にしたら生徒が増えた方だけど


あれでもスタートが遅かった。




実はこの春から英会話は辞める予定です。


英会話教室の知り合いは多いので


「え、何で?」と驚かれるが


自分がやることではないと思ってます。


競合が多すぎません?




かわりに別のことはじめます。




また書きますね。


今日はいろいろやらないと。



では。






posted by りんご at 22:44 | 塾とパズルと日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

業績と労働時間はかなり比例する

今年の四月には学習パズルの専門家になるんだと

目標を掲げていたのですが

その目標をたてた時に

何が学習パズルの専門家なのか?ということがわかっていなかった。



7日で冬期講習が終わり、昨日は模試でした。

それで本を久しぶりに読んで得るものが異常に大きかった。

そこに目安があって「知識というのは投入時間で決まる」そうで、

1000人のうちの5位以内に入るには5000時間くらい必要だそうだ。

日本全国レベルで3位以内になるには10000時間は最低必要らしい。

本当にいいことを聞きました。


また計画の立て直しだとは思いますが

こういうことを恥ずかしげもなく書いておいたおかげで

いいことに気付くことが出来た。

本当によかった。



なんとか制約とかしがらみとか用事とかを乗り越えて

もっともっと長時間労働したい。



今塾でもさかんに言っているんですが

「うちのシステムでは学習時間と成績がかなり比例します」

という感じなので

私も業績と労働時間はかなり比例するという考えのもと

2007年をやっていこうと思う。



誰がなんと言おうと

長く働いて結果を出したいと思う。





posted by りんご at 15:23 | 塾とパズルと日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。