メルマガ  登録
メールアドレス(必須)
名前

2006年11月22日

明日は福岡博多駅前、それとセンチメンタリズムと「点数」についてとりとめなく

なんと気づいたらこんな時間だ。

何でだろう?

ひとつひとつのことを手を抜かずに

集中して誠意を込めてやっていると

こんな時間になってしまった。



たいしたことは何もしていません。

日々の仕事を誠実にこなしました。

だって期末テスト週間の始まりですからね。

12月まで続きますが・・・


そういうことを気にしなくてもいいようなふうにするのか

それともそういう仕事を続けるのか

よくわかりませんが当分は授業をするでしょう。





さっきもアリ先生と電話で話したら

どうも明日は濃い関係が築けそうです。

じっくりお話できたらいいなって思ってます。


明日は森先生と石田先生に会えます。

またいろいろ教えていただこう。

倉本さんにも会える。

エドベックの方にも会えますし

当然アリ先生とはずっと一緒だ。



私が森先生の話がすごく好きなのは

いつもはじめと最後にセンチメンタルな話をするからだと思う。

お話を聞くといつもフィッツジェラルドを思い出す。

彼が言っていた、

何も持たない者がこの世界に出せるものといえば

自分自身の経験しかない。

そしてその経験を語るときに

センチメンタリズムを恐れてはいけないって。



私はブログを書くときもメルマガを書くときも

センチメンタルになっていいと思ってます。

そしてパズルにしても迷路にしても

センチメンタルなものが作りたい。

いまはそんなようなものにはなっていませんが

いつか形にしたい。



もっともっとブログにはこんなふうに生きたいとか

人生とは、とか

生きるということは、とか

もっともっと書いてかまわないんじゃないかと思ってます。



人に読んでいただくということや

人に共感していただくためには

自分自身を出さないといけないと思う。

自分の弱さやもろさや心の揺れや迷いなどを

どんどん書いていくほうがいいんじゃないかと思う。



なんかよくわからないけど

書くという行為が生きることと本当に似ていて

書くことが生きることそのものに思えるときがあるので

センチメンタリズムに陥ることを恐れず話したり書いたりする人は

けっこう好きだ。




関係ないかもしれないけど

塾とか学校とかっていうと単純に「点数」って思われがちだ。

私は点数至上主義でかまわないと思ってます。

合格させるのが仕事だとも思ってます。


ただ生徒のとってきた「点数」を「点数」としか見ない人間に

私は興味を感じないし

行動をともにはしないし

同じ場所にはいないと思う。


生徒のとってきた「点数」に様々な意味を見出し

物語を読み取れるかどうかにはこだわりたい。



味も素っ気も無い「点数」を得るまでの時間を共に過ごし

一緒に努力した塾講師にとって

生徒のとってきた「点数」というのは感慨深いものがある。

毎回そうだというわけではないが

味わい深い点数はあるし

思い出深い点数もある。



もしも先生が点数なんてと思っていたら

生徒も同じように点数なんてと思うだろう。

そうでない場合は立ち去るだろう。


私はやっぱり「点数」を大切に思う生徒が好きだし

そのこたちの「点数」を大切に思いたい。



なんかとりとめのない文章になったので

もうやめておこう。



とりあえずアップしておいて

あとで読んでひどかったら削除しよう。





では。


posted by りんご at 23:05 | 塾とパズルと日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。