メルマガ  登録
メールアドレス(必須)
名前

2006年07月14日

なぞなぞを解くように生きている気がする


今、メルマガで3回にわたって数字のなぞなぞについて書いています。

小学生向けですからそんなに難易度は高くありません。


けれど今まで2回とも問題の解説で

どうしても人生というものに言及してしまいます。


なんでだろう、って思ったのですが

人生はなぞなぞに似ているからかもしれません。


我々はみなオギャーと生まれてきて

親は赤ちゃんの顔を見て

「さあ、この子はいったいどんな子に育つやら」って思います。

子供は育つと「自分とは誰か?」という問いを繰り返します。

「生きるに値する存在なのか?」と。


そして成長して伴侶を求めます。

「さあ、誰が私と結婚するだろう?」かと。

そしてまた仕事を求めます。

「自分は何をするために生まれてきたのか?」

「自分に向いてる仕事はなんだろう?」

「このままこの仕事を続けていてよいのか?」とか。



もうずっと問い続けています。

そしてすべてに決まった答えはなくて

とんでもない答えが出たり

実はいじわる問題だったり

なぞなぞのように見た目と出題の意図がずれていたり。



世界が一冊の書物のようなら

私はなぞなぞを解くみたいに世界を眺めたい。

外に出ればヒントが転がっている。

出会う人、出会う人、みな私にヒントを与えてくれる。

私はなぞなぞを解くというのは生きることそのものだと思う。

出題者の意図はいつも隠されている。

それを見つけないといけない。


posted by りんご at 21:48 | 塾とパズルと日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。