メルマガ  登録
メールアドレス(必須)
名前

2006年06月05日

これからまだまだ書きたいのだが時間がどれだけあるだろう?

今日は早めにニュースをアップできました。


りんごアンテナ日記



これからまだまだ書きたいのだが時間がどれだけあるだろう?


いや、書きたいな〜。


posted by りんご at 22:31 | Comment(0) | 塾とパズルと日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「確率」というものを信じないととても踏み切れない。

「久留米大学附設中学校04年第2問」

中学受験算数のプロ家庭教師



100番目の数を求めるのだから、周期性があるはずですね。
周期性の問題では、1周期をしっかり調べることが大切です。





ああ、いいな〜。しみじみする。

我々は算数や数学の問題だと周期性についてすぐに頭が回るのですが

実際の世の中の現象については周期性をわすれてしまう。


この場合、まだ見たことがない100番目の数を考えますが

現実には常に今ある数の「次の数」を考えます。

未来を知るために歴史を勉強するという考えもある。

そもそも社会の成り立ちを知るために勉強しているともいえる。

成り立ちを知っていると今起こっている現象の意味がわかるときがある。



私のような小さな学習塾をやるにしても

「周期性」と「確率」と「統計」というのは非常に重要だ。

その中でも「確率」というのは「勇気」の部分だ。

一回につき数万の広告をカジュアルにどんどん打つという行為は

「確率」というものを信じないととても踏み切れない。

決して賭けたり命運を託したりしてはいけないと思う。

(一回に数十万の広告というのはやったことがない。
 友人はやれっていうのだけれど・・・
 教材とかなら毎年普通にやっているが
 もうちょっとですね。
 基本的にいけてませんから。)



そんな偉そうなことを言えるほど厳密にはやってないけど

「確率」を考えると心が軽くなります。

私が商売を考える上でもっとも大切な言葉のひとつです。

「信用」と「確率」が忘れてはいけない言葉だと思ってます。

posted by りんご at 11:51 | Comment(0) | 塾とパズルと日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。