メルマガ  登録
メールアドレス(必須)
名前

2006年05月31日

仮面ライダーカブトと馴染みのパターン

私は息子と毎週見ているのですが

最近のシリーズの中では一番好きです。

Wikiで調べたら素敵なことが書いてあった。



しかし、もちろん過去作の単なる焼き直しではなく、主人公・天道総司のおよそ一般的なヒーローらしからぬ型破りな性格をはじめとして、新たなる要素も多く盛り込まれている。企画書に記された「いいものは焼き直しと言われようと取り込み、つまらないものは伝統破りと言われようと容赦なく切り捨てる」という言葉が『カブト』という作品を端的に表しているといえる。



主人公・天道総司(水嶋ヒロ)がすごくカッコよくて

「エレファントカシマシ」のボーカルの宮本浩次を彷彿とさせる

そのルックスと振る舞い、

そしてなぜか料理番組の要素が入っていて

いままでよりもずっといい。




今日のりんごアンテナ日記で取り上げたのですが

「馴染み深くて新しいもの」というブログで言われている


>「馴染みのパターンを使った、新しいモノをみせてくれ!」


というのがまさに当てはまると思います。

「ドラえもん」でも「仮面ライダー」でも同じです。

私はやっぱりライダーキックが見たい。

前回の『響鬼』のときはありませんでしたから。

(あったのかもしれない。けれど全く記憶にない。

 それに比べて今回のはかなりいい。)



これから「馴染みのパターンを使った、新しいもの」というのは

私のキーワードになると思う。

数学の問題にしてもパズルにしても

こういうときに感動したりしませんか?





では。


posted by りんご at 00:54 | Comment(0) | 塾とパズルと日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。