メルマガ  登録
メールアドレス(必須)
名前

2006年05月04日

ブログはコンビニみたい


今夜の月は満月でもないし

半月にも満たない。

けれどそれでも月明かりが影をつくる。

それくらい暗いところに住んでいるのかと驚く。

見上げると星空だ。

5月になってカエルの鳴き声がすごくなった。

耳を澄ませると360度どこからも聞こえ

水を張った田んぼに響いている。



ブログをはじめておよそ1年がたった。

去年の今頃は長女の出産でばたばたしていたけれど

成り行きでブログを始めることになった。

まだブログを仕事だとは言えないし

仕事に役立っているとも思えないのですが

まだしばらくは続けたいと思っています。



長男の妊娠がわかったころに塾を始めたので

意識してなくても節目ってあるんだろう。



さっき車でコンビニへ向かう途中、

「ブログはコンビニみたいだ」って思いました。

そして「ブログは孤独を遠ざける」とも。

日本のどこかで誰かは必ずブログを更新していて

孤独をまぎらわすのには便利だ。

必ずそこには誰かがいて

コメントを書き込めば返ってくる。

たとえそれがムダ話でも

コミュニケーションをとった気分になる。

そして知り合いがひとりふえた気分になる。

本を閉じてPCの画面に見入る。



私自身はブログを文章修行だと思ってはじめは続けていました。

ブログを書いていて失った時間は多いかもしれないけれど

書きはじめる前よりもずっといい。



私は学生の頃はA4のコピー用紙を買って来ては

500枚を文字でいっぱいにしようと思って書いていました。

来る日も来る日も書き続けました。

500枚がなくなればまた別の500枚・・・。



けれど仕事をするようになりほとんど書かなくなりました。

保護者向けに文章を書く以外はほとんどありませんでした。

書くことと仕事が結びつくことはありませんでした。



けれどブログはその接点になりました。

驚きました。

はじまりの頃のブログを今でも覚えています。

「シンボルというものから遠い生活をしていた。

 けれどこれからはシンボルを身近に感じる生活が始まる」

という内容の文章です。

書いていたときの高揚感を今でも覚えています。

それがちょうど1年前です。

「そうか、私は言葉を書いてもいいんだ!」って思いました。

書き言葉はシンボルに満ちあふれていますからね。

シンボルのない生活を10年送ってやっと戻ってきた気がしました。

ホメーロスのオッデセイのような感じと言えば言いすぎですけど。



そして先日ブログを英語で書くことを思いつき

「そうか、私は英語で書いてもいいんだ!」って思い

恐る恐るタイプしています。

「それは何のため?」って思うけど

日本語でブログをはじめたときも

何のためになるかとか

目的があったわけじゃない。

書き続けていくうちに気付くものだ。

そう、書くということはそういうものだと思いませんか?

書いているうちに何が書きたかったのかわかるものじゃないですか?

違うのかな?


ブログはコンビニみたいっていうことで書き始めたらこうなった。

けど、世界中にコンビニという形態は広がると思う。

ブログを書いたり読んだりすることは

深夜のコンビニに似ているって理由を書かなかった。

それは直接言葉を交わすわけではないけど

その場にいることで安心したりする。

見ず知らずの人がその時間に起きていて

何かをやっているというだけで

何かを共有した気分になる。

そういった理由からです。



では。


posted by りんご at 22:24 | Comment(0) | 塾とパズルと日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月03日

アメリカのパズルは凄まじいから楽しみだ。


アメリカのブログサービスにいまブログを作りました。


そんなに難しくなくてよかった。


日本のブログはおそらく輸入物なのだろう。


形式がほとんど同じで混乱はなかった。




パズルを始めたころからずっとアメリカ人に売りたいと考えていたから

まずは第1歩だ。


その前に日本で売ることをちゃんとはじめたら?って言われそうだが

まあ、いいじゃないですか。



けれどアメリカ人に売るっていっても

集金の方法がわからない。



それは商品が出来てから考えよう。




アメリカにもメルマガってあるんだろうか?


そういえばこの前トムピータースのメルマガみたいなものが届いたから


やっぱりあるんだろう。



単なる暇人と呼ばれるか


それともそうでないかは結果がすべてだ。



ネットは世界中で使われてるのに


どういうわけか日本のサイトを中心にしか考えていなかった。


狭いな〜狭いな〜って思ってたけど


これで広がると思う。



アメリカのパズルは凄まじいから楽しみだ。


このブログこそ続けられるかどうか心配だが


なんとかやってみよう。


もうちょっと慣れたらアドレスはリンクしたい。


いまはまだ、幼稚園児みたいな文章なのでやめておこう。


そのうち小学生レベルまで上がったら大丈夫じゃないだろうか。




それにしても便利な時代になった。


では。
posted by りんご at 01:38 | Comment(0) | 塾とパズルと日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月02日

ヒントは誰かが持っているなんて考えない。


ある時

「もう、全然ヒントがないじゃないか!」

っていう状態になる。


困った状態だ。

腕くみしながら考える。

ちょっと空を見つめたりして。


いままでの道すじをもう一度たどったり

もう一度必死になってヒントを探したり

新しい可能性がないか仮説をたてたり

消しゴムで全部消してしまったり・・・



私の塾の小学2年の生徒も同じ。

受験生も同じ。



そう、私だって同じ。



行き詰ったり

壁にぶつかったり

苦しい状況になったり

次の一手が見えなかったり

もうどうしていいのかわからないとき



まずは自分で考えようとします。

ヒントは誰かが持っているなんて考えない。

いまこの状況というのは常にユニークなもの。

ただひとつの状況だ。

そう考えて自分の頭を使います。



いままでとは全く違ったやり方で。

なぜなら同じやり方で

その状況を回避したところで

結局はまた似たような壁が立ちはだかるから。



だから自分の頭で考える。





えっと、パズルの話です。


けれどきっとこれは問題解決能力を高めています。


いままでとは違った発想をしようと常に考えます。



では。




りんごアンテナ日記アップしました。
posted by りんご at 21:59 | Comment(0) | 塾とパズルと日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。