メルマガ  登録
メールアドレス(必須)
名前

2006年02月19日

マーク・ロスコーの絵


実は自分のアメブロのデザインをすごく気に入っている。


どことなくマーク・ロスコーの絵を思わせる。


ニューヨークの近代美術館で


よくロスコーの絵を見に行った。


はじめ見たときは「なんじゃこりゃ」だった。


画家の友人といろいろ話しながら


美術館をまわっていて


ある時突然そのすばらしさに目覚めた。



たとえば2次元的にしか聞こえなかった音楽が


ある日からなぜか3次元で聞こえる感覚。


英語が一本の長い線でしか聞こえなかったのに


急にひとつひとつの単語が立ち上がって


耳に飛び込んでくるような感覚。





そうだ、また絵を見に行こう。


ピカソの描いた道化師も


マティスのダンサーも


同じ格好でそこにいるはずだ。



地下鉄にゆられてブルックリンへむかい


コニーアイランドの錆び付いた遊園地を眺めてみたい。


posted by りんご at 01:00 | Comment(0) | 塾とパズルと日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。