メルマガ  登録
メールアドレス(必須)
名前

2006年02月02日

「成功」は過去、生徒の入塾もすべて過去〜松江塾のごうまじまじ先生のブログを読んで


朝からごうまじまじ先生が凄すぎた。

「1.経営判断を誤らない・・・」という記事だが

もうみなさんは読まれましたか?


>「成功」は全て過去だ。

>生徒の入塾は全て過去だ。


いい言葉ですね。

昨日と同じことをやればとりあえず上手くいくって考えるのは、

前を見ずに車を運転することと同じですよね。

それとも前を見ているつもりでもバックミラーばかりのぞき込んでいる。

車を運転するときは前を見ないといけない。

そして常に目的地を思い描かないと。

バックミラーを見ながら運転すると必ずぶつかります。


いつも「過去」は簡単だ。

「あの時こうしておけばよかった。」

「なんであの時、わからなかったんだろう?」

「もっと勉強しておけばこんな点数にならなかったのに」

「ちゃんと生徒募集しておけばよかった。」

「イエーイ、成績あがったぜー」

「生徒がこんなに増えました。」



すべては流れ去る風景だ。

車窓から見えるのは美しい冬の山

都会の雑踏

ぎゅうぎゅう詰めの通学バス

手を引かれてよちよち歩きの子供


目的地へたどり着くのには、無数の選び方ができる。

「AからBを通ってCまでいくのは何通りありますか?」

無数だ。

我々には無数の選択肢がある。



横断歩道で人が止まっている、飛び出さないかな〜

あの車凄いスピードでこっちに来る、危ないじゃないか、

おっと信号が変わりそうだ、止まろう、

うわ、ガソリンがないし、オイル交換もしないと、

いいな〜あの車、絶対にいつか買うぞ、

こっちの道にしとこっかな〜

ナビはいつも最良の道を教えてくれるわけではないし、

そうだ、コンビニでお茶買って行こう・・・



朝が来て夜が来るものだから、

ついつい人生は「通勤」みたいに同じ道を

毎日行ったり来たりするように勘違いしてしまう。



毎日同じ道を行ったり来たり通勤しているからって

人生までもが繰り返しだと思うとどこへもたどりつかない。



「旅」という言葉は照れくさくて普段使わないが

生きること、経営することっておそらく

"commuting"や"moving around"や"floating"ではなくて"traveling"だ。



今度タクシーの運転手に行き先を聞かれたら

ちゃんと答えられるようにしたい。


posted by りんご at 10:31 | Comment(0) | 塾とパズルと日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。