メルマガ  登録
メールアドレス(必須)
名前

2006年01月28日

水で薄める〜証明の迷路


数学の「証明問題」が苦手らしい。

いや、何人かの人に言われたんです。

「迷路で証明?」って私が思ったんですよ!

言うだけなら誰でもできるって言葉があると思いますが

「迷路で証明」って私には思いつきもしませんでした。

いろいろな方がおられるし

いろいろな考え方があるんだな〜と改めておもいます。


もちろん「不可能っぽいから考えな〜い」ではなんの進歩もありません。

「迷路で分数!」ということを考えたから

様々なバリエーションが生まれたことを私は忘れない。


昨日S先生とふたり「どう思う?」って話してたんですが

またS先生も突拍子もないこと言い出すし

すごいな〜って思ってます。

S先生が出したアイデアをあと10倍〜100倍水で薄めないと

生徒がやっていても面白みを感じないとおもう。



つくづく思うのですが

新しいことを考えるっていうのは

原液を水で薄めていく作業に似ています。


余談ですが「水で薄める」というとMIO先生の名作がありましたね。
 まだお読みでない方はこちらからどうぞ。




やっとここまで思いついたぞ!っていうところから

本当の創作というものは始まる気がします。

だからはじめに書いておきますね。

(偉そうに聞こえますが)私の迷路は思い付きではありません。

思いつきはほんのきっかけです。

そこから考え始めて深く深く掘りすすめます。




けど、証明の迷路を考える前に

皆様の感想をもとにローマ字迷路を完成させます。

ご意見いただいた皆様、深く感謝いたしております。

心より御礼申し上げます。



では。


posted by りんご at 13:14 | Comment(0) | 塾とパズルと日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

久しぶりに迷路の効用



アンケートを読ませていただいてます。

ありがとうございます。

いままで勉強に劣等感を持っていた生徒さんが

迷路教材を使うことによって自信を取り戻すことがあります。



そもそも迷路やパズルを解くのに知識は必要ない場合が多いです。

クロスワードや漢字系のパズルはかなりの語彙を要求しますが

それ以外はジョギングみたいなものです。

いきなりフルマラソン走れって言われても無理ですが

10分程度のジョギングなら誰でもできる。

そしてしだいに時間や距離を伸ばしていく。


勉強の出来ない子は知識の積み重ねがない子だと考えると

今やっていることは非常にしんどい。

もう絶対に無理、って思ってしまう。

そういった子に対するはたらきかけのひとつに私は迷路を選んだ。


知識というものがいらない、あるいは口頭で説明してすぐに理解できるほどのことで

長い時間取り組めるものを提供する。

「僕だって集中したい」「あいつみたいに問題を解いてみたい」

そういった欲求に応じることができる。



集中し始めるとそういったことを忘れてしまうだろう。

もともとはじめの動機などどうでもよくなる。

小さいながら迷路を克服した。

次の迷路も克服した。

なんだ意外にオレって天才?

そうやって失った自信を取り戻させる。



というのが通常考えられることだが

私はそれにさらに加えてみようと思っている。

迷路を解くことによってひとつの知識または能力を身につけさせるというものを。

迷路を解くことだけでもいいのだが

そこで約分を覚える

ローマ字を覚える

漢字を覚える

それのほうが絶対にいいと思ってます。

なぜなら普通の迷路ではちっとも学力は上がらないからだ。



私の仕事はあくまでも生徒の学力を上げること。

理想をいえば迷路とパズルで算数を教えること。

しかも今考え付いたのは「無料で」ってことだ。

もちろんボランティアではない。

インターネットでの情報が無料であることと同じ仕組みでだ。



あとはやるだけだ。

たくさんのハードルがあるけれど

ゴールが見えているので必ず到達できる。

110Mハードルのスタートラインに立ったことがありますか?

一台目のハードルのなかに10台すべて入って見えます。

そしてその先にゴールのテープが見えます。

1台目が一番高く見えます。

けれど本当はどれも同じ高さです。



一台目のハードルを何とか越えてみたい。

勉強の出来ない生徒には1台目のハードルを迷路にしてあげよう。

2台目以降を普通の教材にすればいい。

迷路で算数を教えるというのはそういうことです。
posted by りんご at 11:38 | Comment(0) | 塾とパズルと日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

イオン大好き


日付が変わったところでひとつ書こう。


私はイオンが好きだ。あのショッピングセンターのイオンだ。

昔はジャスコと言った。今でもジャスコっていうか。

昔は岡田商店ではなかったろうか?

20年おきに社名を変えるらしい。凄い。凄すぎる。


私は自分の塾をはじめて5年たった。

それで今日急に「名前を変えよう」って思った。

さっき妻に話した。

なんの異存もないらしい。(なんで?)



私は自分のこだわりをいったん捨てたいと思った。

私のような小さな塾はその時その時に応じて名前を変え

場所を変えていくのがいいんじゃないか、

と思います。



やることもどんどん変わっていくことでしょう。




楽しすぎる。
posted by りんご at 00:07 | Comment(2) | 塾とパズルと日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。