メルマガ  登録
メールアドレス(必須)
名前

2006年01月02日

学習塾いろはブログ「き」


「き」

「窮すれば通ず」


いろはかるたではありませんが好きな言葉です。

「貧すれば鈍する」と同じかたちだけれど意味はぜんぜん違う。

昔、坂口安吾が「鈍すれば貧す」が本当だって言ってた。

安吾ってカッコイイ。

(ちょっとネタ切れだ。考えられなくなってきた。)



「ゆ」

「油断大敵」(そのまま)



今日の模試の出来はなかなかよかったけれど

本番で出来ないと意味がない。

油断せずにいきたい。



「め」

「目の上のたんこぶ」



う〜ん、そんなものが何かあるだろうか?

何も思いつかなくなった。

かなりヤバイ。



「み」

「三つ子の割引き100%」


もう、三つ子なら三人目はタダでいいです、ということ。




まったく意味がない。


けれどもう少しだ。


とにかく終わらせよう。



posted by りんご at 21:20 | 塾とパズルと日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

学習塾いろはブログ「ふ」



「ふ」

「舟に刻みて剣を求む」(いろはかるたじゃないですが・・・)



これはいつも書こうと思っていることだ。

そのうちに書きたい。


ところで、親の頃の学校の評価と

今の評価が違っている場合進路決定がややこしくなる。

なかなか昔、刻んだあとを気にされる方も多い。

そして10年後の評価を言っても

もちろん誰も聞く耳をもたない。





「こ」

「子どもの受験に親が出る」



まあ、これはしかたないですね。

中学受験まではって言われます。

私はよくわかりません。




「え」

「縁の下の力持ち」(そのまま)



これは塾の姿そのままですね。

私はあくまで裏方です。

けど、力持ちでないといけませんね。

がんばろっと。




「て」

「提出物の好きな学校の先生」



なんてことを言うんだ!

提出物は内申点に大きく関係する。

提出物は仕事で納期を守ることの大切さを教えてくれているんだ。




「あ」

「商い三年」(これもかるたじゃない・・・)



うううう・・・

商いは3年やらないと利益が出ないそうですが

3年以上たちましたが、もうちょっとがんばらないと。

石の上に5年でも10年でも!




「さ」

「去るものは追わず、来るものはたまに拒む」



退塾希望者を引き止めたことはない。

辞めたい人を引き止めて教えていく自信がない。


入塾希望者を全部入れたこともない。

・・・面倒を見させていただく自信がありません

と断るしかない場合がたまにある。



おっとしゃべりすぎた。


では。
posted by りんご at 12:32 | 塾とパズルと日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

解答用紙は「手紙」





今、小6が最後の模試を受けている。


今更だが「もっと丁寧に書け」と注意した。


こんなこといっても「はあ?」と言われたが


解答用紙は採点する人に出す「手紙」だ。


「私を合格させてください」という手紙だ。


合否を決めるということは究極的には


あなたをコミュニティーに入れるかどうかを


決めるということだ。


すいません、あたり前すぎて。


私はいつもアルバイトをさがす若者に対して思う。


時給がいくらだとか、休憩時間がどうとか、


仕事が楽かどうかとか、


そういった末梢的なことなんかどうにでもなることだ。


仕事ぶりを見せてから交渉すればなんとでもなる。


仕事をするということは同じ時間を共有することだ。


同じ目的のために力を尽くすことだ。


コミュニティーの一員として受け入れるかどうかを試験官は見ている。


それがたとえペイパーテストでも面接でも


中学入試でもアルバイトの面接でも


就職試験の最終面接でも


伝えることはただひとつ、


「私はあなたといっしょにいたい」


これだけだ。


言葉を人に送るということは


ほとんどの場合、ラブレターを書くことと大差ない。


面接官をまえに緊張するのは


告白をするときにドキドキするのと同じだ。


たったひとつ、


自分を受け入れてくれるのかどうかという答えしかないからだ。

posted by りんご at 10:11 | 塾とパズルと日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

学習塾いろはブログ「け」


「け」

「芸は身を助く」(そのまま)



調べていて驚いたが

この言葉は自分が落ちぶれたとき

昔習っていた芸が役に立ち、暮らしを助けるという意味らしい。


う〜ん、確かにそうだ。

この「落ちぶれたとき」というのがつらいが

塾を始める前は(始めてからも)落ちぶれていた。

自分ではそうは思わなかったが田んぼの真ん中の塾というのは

どう考えても落ちぶれた証拠にしかならなかったようだ。


その昔、留学コースを勧めたとき母親が

「留学して帰ってきてこんな田舎で英語を教えるようになったら

 留学させがいがないわ〜」って言われ、かなりショックだった。



今は駅前にひとつ教室があるから

「家賃、高いでしょう?」って言われるのがうれしい。(俗物で〜す)

確かにガラス張りの高層ビルで

窓から大阪城を眺めながら仕事をしていたことがあった。

きれいな最新のオフィスで働くことはきこえはいいが

今のほうが5000倍は楽しい。



まあ、今でも落ちぶれているようなものだが

学業も芸術も本当に暮らしを助けると思う。

今まで昔やったことで役に立たなかったものはひとつもない。

勉強にしろ、留学にしろ、音楽にしろ、文学にしろ役立って仕方がない。

そしてそれらすべては誰かにやれっていわれてやったものはひとつもない。

すべてやりたいからやっただけだ。

いやいや、やらせていただいた両親にただ感謝だ。


では。
posted by りんご at 09:39 | 塾とパズルと日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。