メルマガ  登録
メールアドレス(必須)
名前

2006年01月07日

疲れない




会社員のときはやたら疲れた。

休日が待ち遠しかった。

仕事は好きだったが体力的にきつかったからだ。


あの頃よりもずっとずっと仕事してるけど

ぜ〜んぜん疲れないのはなぜだろう?


休みの日とか好きじゃない。


posted by りんご at 09:51 | 塾とパズルと日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月06日

神様のさじ加減



最近は、っていうか子どもが生まれてからは

遠いところへは旅行へいけません。

昔はヨーロッパへ旅行するのが好きだった。


もちろんケチケチした旅行だ。

ホテルも当日の飛込みだ。

別の国へ列車で行くから

たちまち両替に困ったりした。

(今はユーロだからいいけど)

飛行機で着いても

「なんとかなるかな」って思って両替をしなかったりする。

両替しても少しだけ。

するとあとポケットの中には少しの札と

小銭しか残ってないってことがしばしば起こった。


そんなときに限って両替所がなかったりする。

一時間歩いても見つからない。


そういう時は「もういいや」って思って

残ってるお金を全部使ってしまう。

ホットドッグ買ったり

コーヒー飲んだり。

そうして少し歩くと必ず何とかなる。


両替所が目の前にあったり

日本人があらわれて両替してもらったり

解決方法は違うが

必ず神様が少しこらしめたあとに

ゴールを用意していてくれる。



日常の仕事でも困ったことがよく起こる。

けれどたいてい何とかなる。



チラシを折り込む

集客できない。

電話で問い合わせがくる

入塾に至らない。

勉強を教える

成績が思ったほど上がらない。



それはいつも神様からの手紙だ。

つまり方向が間違っているんだ。

それを教えてくれている。



新しいことをして失敗する

やったことないことを試して上手くいかない

行動してみて骨折り損



目の前にたくさんの閉じたドアが並んでいる

いろいろなデザインの扉だ

けれどどこにも名前が書いてない

いや書いてあるときは間違ってることが多い

ひとつひとつ扉をノックして開けてみなければわからない

私がすべきことはただひとつ

ノックする、扉をあける

違っていたら「すいませ〜ん」と言って次へ行く

じっくり考えても

人に尋ねても

確率はかわらない

ホントですよ

人生でめぐってくる扉のむこうは誰にもわからない

そしてうまくいくのといかないのとの割合は同じだ

だったらノックするのをためらうのではなく

ただひたすらノックして

次の扉へ、次の扉へってスピードを上げるしかない

扉のむこうはいつもはじめての世界だ





とこうやって自分自身をはげまして

4月からの新しいことのために

今から行動をする



さっき友人がきて

「OOOすればええやん?なんでせんの?

 フランスなら普通にやってるけどな」

と言って帰った。(フランス帰り)

そりゃそうだ。

やってる人は多い。

「そんなもん、お前、ここらでできるか」とか

「ええええ、そんな時間な〜い」とか

「分析しよう」「人にきこう」って言うんじゃなくて

やってみたらいいだけだ。

チラシ打つのにどれくらいのお金がかかる?

どれくらいの労力が必要か?

すべてたいしたことないじゃないか。

だって今までお金や労力をかけてやったことで

回収できなかったことがあったろうか?

全く無駄だったって10年後に思っても

15年後、役に立ったってことはたくさんある。



・・・えっと、くどいからこの辺で終わります。

またよろしくお願いいたします。
posted by りんご at 15:10 | 塾とパズルと日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

教えてます



講師の人数足りず

ずっと教えてました。


また書きます。


よろしくお願いいたします。
posted by りんご at 11:32 | 塾とパズルと日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今朝も道路が凍っていた




大きな車道はそんなことないと思うが

他はダメだ。

それなのにみな粉雪だからって

けっこうスピードを出す。

私は絶対危ないと思うけど・・・


救急車の音が聞こえないし

大丈夫なんでしょうかね。
posted by りんご at 09:17 | 塾とパズルと日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月05日

今日はPDFファイルの作り方を考えていた




PCについては素人で

いつもいやになったりしますが

PDFファイルってほんと便利ですね。

軽いし、最高です。

これを使っていろんなことが出来そうです。

私はファイルをつくったり送ったりプリントアウトしたりするだけですが。

おもしろいな〜

ほんとおもしろい。


さあ、はやく仕事しよっと。
posted by りんご at 23:18 | 塾とパズルと日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ラミネーター




今日はラミネーターで歴史暗記カードを加工した。


やらせてくれやらせてくれって生徒がうるさかったです。


きれいに作れるものですね。


なんかよいアイデアはないものか。


こんないいおもちゃはすごく勉強に商売に役立ちそうだ。
posted by りんご at 21:48 | 塾とパズルと日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

一番知っているのは誰?




私は、お母さんたちの情報はけっこう凄いと思ってる。

チラシを折り込むと全く違う地域の方から電話がかかってくることがある。

どうしてかって聞くと知り合いがチラシを持ってきてくれたそうだ。

本当に驚く。



それは一例にすぎないが

お母さんたちは実際にシビアな目で塾を見ているから

いろいろと塾をくらべながら選んだりする。

本だって読むしネットで調べたり

掲示板読んだりテレビを見たりして

いろいろな知識を持っている。


「合格するぞ!」とかって言いながら

勉強教えてたりしてたら

勝てっこない。

だからけっこうお母さんのアドバイスは聞く。

偉そうなことは言わない。



学校についての情報だってすごく詳しい。

私は知ったかぶりしない。

「そうなんですか!」って言って教えてもらう。

今までそれで「頼りない」なんてことは思われてない(と思う、たぶん)

聞いた後は自分で調べてより詳しい情報を提供する。

担当者に電話して直接聞く。

こういったことは塾関係者しかできない。

そしてそれが仕事だと思ってる。

お母さんたちはホントに素晴らしい。




生徒からもいろいろ教えてもらう。

受験の日時や願書の提出日なんか

私は調べない。

全部自分で調べてもらうし

そんなことはもちろんみな自分でやる。

「先生、そんなこともしらないの?」

とは言われたことがない。

そんなようなこと言われても

これは君の受験なんだから私が君より知ってるわけないって言う。


そしてだいたい聞いてすぐ忘れることが多い。

そしてまた聞く。

また忘れる。

また聞く。

今まで「いいかげんに覚えたら?」とは言われたことがない。



そして合格したときにはいっしょに喜ぶ。

「やったー、やったー」って。


そのときにはもしかしたら言うかもしれない、

「合格するって知ってたよ。

 君ががんばってる姿を見てたから」って。
posted by りんご at 17:12 | 塾とパズルと日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

クリアファイル最高!




生徒に一枚ずつクリアファイルを選んでもらってる。


すごくすご〜く好評だ。


みかみ先生、そしてみかみ塾のスタッフのみなさん、


素敵なプレゼントをありがとうございました!


みな大喜びです。


これからもよろしくお願いいたします。
posted by りんご at 10:17 | 塾とパズルと日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

雪の降らない朝




いつもいつも暖かい方々が応援してくださる

本当にありがたい。

ありがとうございます。


くもり空だけど

気温はかなり低いけれど

雪は降ってない。

地面にもそんなに雪が残ってない。


それだけで十分ありがたい。

文句を言えばきりがない。

生徒を合格させるのが仕事だ。

文句をいっても儲からない。

不満を言っても合格しない。


今日も一日はりきっていきたい。
posted by りんご at 09:24 | 塾とパズルと日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月04日

RE: 失敗がほしくてやっている




ヒサオさんの今日のブログを読んで

ぶったまげた。

勝手に引用させてください。



>失敗をおそれないどころではない

>失敗がほしくて

>うごいている。



これが全文です。



もう、感動しまくりです。




私がやろうとしていることを今日は書こうと思ってました。


自分の目標を書いておかないといけないって思っていました。


私がやることは


「迷路とパズルでK式をつくる」ことです。


本当にこれだけです。


書いておかないと、宣言しておかないと


ブレるといけませんから。


そんなこと誰もやったことありません。


誰もやったことないことをしようっていうんですから


失敗してあたり前。


うまくいくわけがない。


10やって1うまくいけば


もう、万々歳です。


はやく9つの失敗をするぞ!


失敗が欲しくて欲しくてたまりません。



その次は20やって18失敗します。


そして30やって27失敗します。


だれもやったことがないのなら


失敗して当然です。


やりたいと思うこと自体で


すでに失敗を欲していると言えます。




「失敗がほしくてやっている」!!!!!



名言です。



ありがとうございます。



みなさん、今年もよろしくお願いいたします。
posted by りんご at 23:59 | 塾とパズルと日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

今年はもっともっと効率の悪いことをしたい





たとえばこのブログがそうだ。

ブログのアクセス数が増えたからって収入が増えるわけではない。

「また、余計なことして!」って怒られるほうが多い。

けれどこれは続けたい。

何年も何年も書いてなかったけど

ブログを書くことで今ブランクを埋めている。

本当は全く書き足りないくらいだ。

時間をつくってもっと書きたい。

ずっとずっと先に進んでる人との差を縮めたい。

ブログを書くことは差を縮めることだ。




たとえば教材だ。

教材で差別化したいなんて考えてるわけじゃない。

教材売って儲けようって考えてるわけでもない。

作り直し&作り直しばかりだ。

それでいてそんなに出来てるのかって言われても

お恥ずかしい限りだ。

もう効率が悪いの極みだ。



けれど大好きだ。

私が生きているということを最も感じる部分って

効率の悪い部分でだ。

今年は去年より徹底して効率の悪いことをしよう。

今まででも十分地味だけど

今年は地味な努力を徹底したい。

表出する部分と

地味な努力の割合を

2:8にしたい。

1:9でもいいくらいだ。

とにかく地味な努力が足りていない。

多くの方が成功をおさめようが

自分は地味な努力をする年にしたい。
posted by りんご at 21:36 | 塾とパズルと日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

みかみ先生、ありがとうございます!




年末に愛をこめて・みかみ塾のみかみ先生から


クリアファイルが届いていましたが


不在で先ほど受け取りました。


素晴らしいです。


ありがとうございました。
posted by りんご at 17:37 | 塾とパズルと日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

年賀状とクリアファイル




すいません。


失礼がないように


早急に対処しないと。


では。
posted by りんご at 13:37 | 塾とパズルと日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

国語の教務





すごくオーソドックスな方法の

国語のカリキュラムを早めに確立したい。

ひねりとかなくて迷路も使わない

一般的で常識的なカリキュラムをつくりたい。

教材の研究(お恥ずかしい)も凄いスピードでやって

固定した階段状のものをつくりたい。


とさっき思ったので新年度の教材を使ってやろう。

教材の改訂があるはずなので確認しよう。

posted by りんご at 11:31 | 塾とパズルと日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

みぞれって一番嫌いだ



今朝はみぞれ。


雨と雪が混ざっている。


ところで何かをやるってときに


効率的にやろうっていうのは


難しい。


効率的にやらなければバカって思われても


とりあえずやるしかない。



と自分に今、言い聞かせています。



また書きますのでよろしくお願いいたします。
posted by りんご at 09:46 | 塾とパズルと日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月03日

息子に漢字を教えた





息子は4歳になったばかりだが

ひらがなも読めないし

カタカナも読めない。


「ちょっとは教えてあげたら」って言われたので

今日は「よし、漢字を教えてあげよう」

と言って、さて何を書こうかって思ったところ

息子は乗り物が大好きだから「車」という字にした。


いらない紙に「車」と大きく書いて

「これが車だよ」って教えたら

「タイヤはどこ?」って言われた。


仕方がないから

あわててタイヤを4つ書き足した。

なかなか勉強させていただいた。
posted by りんご at 23:57 | 塾とパズルと日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

かけざん教材




私の住む田舎のモールの本屋にさえ

かけざんの教材がけっこうあって

しかもけっこう工夫していて

「やるな〜」とかしきりに言いながら

本を見ていると

となりにいるお母さんやお父さんは

「この人は何を・・・」という目で見ている。

その視線を感じてしかたないので高校入試コーナーへ移ると

私の見ていた本を手に取ったりしている。



高校入試コーナーでは親子がいまさら

問題集や過去問を物色している。

「すいません。これお勧めですよ」って言いたいが

ぐっとこらえている。

「あの〜、私、塾屋なんですが

 その問題集買うくらいならこっちのほうがずっといいですよ」

って何度言いかかったことか。

今まで一度も言ったことないけれど・・・




ほとぼりがさめた頃、またかけざんとかわりざんの本を見る。

なかなかいい面積の問題集がある。さすがXXX出版。

分数もいい。



工夫をこらした本がけっこうあるのに

別にどれも爆発的に売れてるってわけじゃない。

しかも一年後には確実に消えているだろう。


つらいな〜って思いながら

今度知り合いの本屋に注文しようって思う。

そう、なるべく私は知り合いから買うようにしている。

PCにしても知り合いの店で買う。

工事だって同じ。知り合いの店にやってもらう。

値切ったりしない。

絶対に値切らない。

我々はいつも言い値で商売をしている。


話がかなりそれてしまった。

本はなるべく知り合いの本屋で買う。

いつか彼の店の棚に

自分の書いた本を並べたい。



さあ、仕事しよっと。
posted by りんご at 23:35 | 塾とパズルと日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

風が強い!!!!




皆さんのところは風はいかがですか?


私のところは「台風か?」っていうくらい強い風が吹きます。


なんで風力発電をしないのか不思議なくらいです。


洗濯しても飛んでいくし


植木鉢は倒れるし。



琵琶湖の北東側は異常に風が強い。


鳥取とか行けばもっとすごいんでしょうが


私には十分きついです。


結構生活しにくい。



「住みやすい街ランキング」があって


長浜市がいつも上位にいるけど


「風の強さ」「洗濯物の乾きにくさ」とかいう項目はないんでしょうね。


かなり生活しにくいんですけど・・・


かなり住みにくいんですけど・・・
posted by りんご at 22:09 | 塾とパズルと日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

学習塾いろはブログ「し」



「し」

「地獄の沙汰も金次第」



これははたしていろはカルタか?

けれどこんな風に言われてみたいものだ。

あそこに頼めばなんとかなるって。




「ゑ」

「縁は異なもの味なもの」(そのまま)



自分が塾を始めたのも

迷路とか言ってるのも

ブログを始めたのも

駅前に引っ越したのも

すべてすべて縁あってのものだ。

もうホントもっともっといろいろある。

紆余曲折あるが今ある人間関係は奇跡的なものだ。

もっと感謝したい。



「ひ」

「貧乏暇なし」(そのまま)



これはホントだろうか?

ただの便利屋になってると確かに忙しくて儲からない。

いや、はじめは儲かってるように思える。

けれどある時売り上げが止まる。

ガーン



「も」

「餅は餅屋」(そのまま)



そう受験は塾屋に任せたほうがいい。

餅は餅屋だから。

たま〜に硬くて食べられない餅がありますけど・・・




「せ」

「銭払えば代えられる」



そう、どうしても不満なら塾は代えられます。

はじめにけっこう払い込んでいても、

背に腹は代えられませんから。




「す」

「進め百まで合格まで」


あきらめちゃいけない。

どこまでも進もう。

立ち止まったらいけない。




そして一応最後


「京」

「京大は夢 阪大も夢」


せつない!

せつなすぎる!


他の方法を考えよう。



なんという結末・・・



自分でも想像していなかった・・・



また書きますので本年もよろしくお願いいたします。
posted by りんご at 01:15 | 塾とパズルと日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年01月02日

学習塾いろはブログ「き」


「き」

「窮すれば通ず」


いろはかるたではありませんが好きな言葉です。

「貧すれば鈍する」と同じかたちだけれど意味はぜんぜん違う。

昔、坂口安吾が「鈍すれば貧す」が本当だって言ってた。

安吾ってカッコイイ。

(ちょっとネタ切れだ。考えられなくなってきた。)



「ゆ」

「油断大敵」(そのまま)



今日の模試の出来はなかなかよかったけれど

本番で出来ないと意味がない。

油断せずにいきたい。



「め」

「目の上のたんこぶ」



う〜ん、そんなものが何かあるだろうか?

何も思いつかなくなった。

かなりヤバイ。



「み」

「三つ子の割引き100%」


もう、三つ子なら三人目はタダでいいです、ということ。




まったく意味がない。


けれどもう少しだ。


とにかく終わらせよう。

posted by りんご at 21:20 | 塾とパズルと日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。