メルマガ  登録
メールアドレス(必須)
名前

2005年12月15日

今日は「言泉」を買った





こんなこといちいち書く必要ないんですが


紙の辞書はいいですね。


WEBも便利ですが


紙だとクロスワード作ったりするのに便利です。


では。


posted by りんご at 22:16 | 塾とパズルと日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

困難があってもそれは普通のことだ(書き直し)




もしも生き方に王道というものがあるのなら

私は多分、王道を一度も歩いたことがない。


塾というもののやり方に王道というものがあるのなら

私がやろうとしていることは極端に邪道だろう。


毎日いろいろなことを思いつくが

すべてが有効ってわけじゃない。

途方もないことでも思いついたときは出来るような気がする。


『福袋』
にしても今のところ反応なしだ。

偶然、近所の大手がピンポイント講習っていうのをチラシに書いていた。

私もやってみたがその問い合わせはなかった。

通常のコースの問い合わせのみだった。

それはそれでいい。

それはまた別の形で試してみる。

ていうかこれを今書いていて思いついた。

あれは授業じゃなくて教材でやろう。

やっている教材会社もあるがもっとカジュアルにいきたい。

もっと斬新にいきたい。



これからどうなるかはわかりませんが

困難があってもそれは普通のことだ。

つらいときはカーネル・サンダースの話を思い出せばいい。
posted by りんご at 18:38 | 塾とパズルと日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「楽譜」という極端に洗練されたものをみると自分の仕事が恥ずかしくなる

もう、今日はこれから授業が始まるまでは

もともとやっていた算数の迷路を作ろうと思う。

「ローマ字迷路」でだいたいパターンがわかった。

いままであるものをパターンに当てはめていく。

そして考え続けるから必ず新しいものが生まれる。

「教材作家」としていくって決めたのだから

販売のほうは信頼できる方にお任せして

私は絶え間なく作り続けたい。



奇をてらうことが目的ではないが

驚きをもって迎えられるものを作りたい。



ところで楽譜というものを考え出したひとは凄い。

音楽を紙に写し取るなんてかなりクレイジーな発想だ。

我々の生まれるずっと前からあるので普通に思うけど

常識外れもはなはだしい。

「音」を見るんですよ。

楽譜という極端に洗練されたものをみると

自分の仕事が恥ずかしくなる。


まだまだ自分が常識にとらわれているのがよくわかる。
posted by りんご at 13:39 | 塾とパズルと日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。