メルマガ  登録
メールアドレス(必須)
名前

2005年10月10日

もしも勉強がスーパーマリオブラザーズだったら

私が毎日お邪魔するサイトに


『学習塾講師のブログ通信Sachi-net』というのがあります。


そこで10月9日の投稿ですが


「気をつけて!」のタイミング


という中で


私が非常に感動した一節があります。


英語のテストの穴埋めで

be able to (〜できる)というのを入れる問題があった。

ちょっと考えて be は is にしとこうってなる。

けれど問題文をよくみると本当は was でないとおかしい。

そこでスーパーサチさんはおっしゃいます。



 スーパーマリオブラザーズだったら、亀を踏んづけて遠くに蹴っ飛ばしたらそれで終わりじゃなくて、あいつらは土管にぶつかって凄いスピードで戻ってくるんです。

 ゲームだったら次からはそのことを学習して気をつけるんだけど、英語や数学ではそうはいかない。





名言でしょ?


私が毎日あ〜でもない、こ〜でもない


って考えてることは


まさにここなんです。


ちなみに私は「テレビゲーム万歳!」とかって言ってるんじゃありません。



仕事をしていて

「ここは前に失敗したところだ

 気をつけよ」

って思うんですが

勉強だとそういうことができなかった。



子供がゲームのことなら

注意深く、

失敗からも学べるのに

勉強になるとそうでもない。



たんなる興味がないとか

しょうもないからだけですまない気がします。

 


勉強と言うのはあまりにも現実味がないんじゃないか

あまりにも生活からかけ離れてるんじゃないか


っておもうんです。


「しかたないやん、そういうものや」


では人類の発展はありませんでしたよね。


「昔からそういうもんや、それでやってきたんや」


では時代性を無視していますよね。



「亀を踏んづけて遠くに蹴っ飛ばしたら

 それで終わりじゃなくて、

 あいつらは土管にぶつかって

 凄いスピードで戻ってくるんです。」



具体的じゃないですか!


りんご塾の本質はここにあるっていうような


教材を作りたいと思います。



なんて幸せでしょう。


そんなもの作っても誰も文句を言わない。


しょうもなかったら無視されるだけだ。



今の日本に住み


経済活動をさせていただいてることに


むちゃくちゃ感謝しています。



では。


posted by りんご at 13:58 | Comment(2) | 学習塾一般 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。