メルマガ  登録
メールアドレス(必須)
名前

2005年09月21日

常に目的を意識しているか?

こんにちは。


私はけっこうぼんやりしていて

だらだら話す方です。


時にはだらだら書いたり・・・。



それで人と話すとき

常に

「ゴールはどこにあるのか」

「目的は何なのか」

「最善の方法は何か」

とかって考えて話すと


疲れるんでしょうが

いいんでしょうね。



スピードも速くなり

結果が早くなるんでしょう。



まあ、それはビジネスにおいては

普通のことだったりして・・・。

長らく教室というなかにだけいると

世の中のスピードというものを忘れてしまう。



危ない、危ない。




常に今、何のためにここにいるのか

もうちょっとだけ意識しよう。




そんなことを勉強した日でした。



では。







posted by りんご at 16:57 | Comment(0) | 塾とパズルと日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

人生はおもしろい

みなさん、お元気ですか?


私は元気です。



ブログを書き始めたときもそうでした。

こんなこと書いていいものか、

あんなこと話してもいいものか、

ずっと書き始める前は悩みました。



けれど恥ずかしくても書けば

いろいろな人と知り合いになり

得るものも多くなった。




今日もある方とお会いして

迷路の話をいたしました。

そんな話しない方が利口です。

リスクがありますから。



けれど生きていて思うのですが

リスクは仕方ないですね。

決定的でない限り仕方ない。



自分から見せないと

何も答えはかえってこない。

自分から差し出さないと

得ることができない。



聖書を読んだ事がなくても

生活していればわかることだ。

やっぱりケチが一番よくない。




人生が面白いのは

成果を独り占めできるからでしょうか?

それはしれてますよ。




なんでこんなに生きることは面白いのでしょう?


またわかったら書きますね。



では。

posted by りんご at 16:22 | Comment(4) | 塾とパズルと日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

難題は競争相手にとっても難題

サチさんのブログで

アレモ コレモというのを書いておられて

藤田晋氏のブログの新社長へを読んでねって言われ、

読みました。

いいこと言ってます。



>難題は競争相手にとっても難題であり、難題を克服したこと自体が
 競争優位を築くことになるのだ。


まったくその通りですね。

仕事ってこういうことじゃないですか、って感じです。


私は今は成功しているとはいえません。

塾をはじめてからは生活に困ったことはないんですが。

たぶんこのようにブログを書き

今やっていることは自分が考える難題を

自分なりに乗り越えようとしているんじゃないかって思います。



2年前、斉藤孝さんの講演を聞いて

「ああ、お金はこういうふうに儲けるものなのか」

って思いました。

「少人数学級にしろって声がありますが

 私は小学生相手に100人でも150人でも

 いっせいに授業することができます。」

とおっしゃってました。

東京と大阪に塾をつくり

大盛況。

毎月本を出版。

もちろん大学教授。




『頭の体操』の多湖輝先生もお上手だ。




他にもあげればきりがない。



彼らは上手に何かに乗っている。


私も塾を始めて何かに乗っている感覚はある。

しかしその乗り物はまだ小さく

スピードも遅い。


彼らが乗ってるのはもっと大きな乗り物だ。



私は新しい車を買いたいが

今は買わないことにした。

友人たちがどんどんむちゃくちゃ高い車に乗り始めている。

それでも買わないことにした。



私はもっと大きな乗り物に乗ろうと思ってる。

この乗り物はなんか目には見えないんですが

フワフワとして

乗っている気がするんですよね。









posted by りんご at 00:12 | Comment(6) | 塾とパズルと日常 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。